就業規則や契約期間に従わないと退職できないのか|会社が退職届を受け取らない場合の対処法も解説

たとえば、就業規則に「退職は3か月前までに申し出ること」というルールがある場合、少しでも早く退職したくても、ルールに従う必要があるのでしょうか。 また、契約期間中に退職したい場合や、退職届を出しても会社が受け取ってくれないケースでは、どうすればよいのでしょうか。 この記事では、こうした退職の悩みについて、「みんなの法律相談」に寄せられた実際の相談事例と弁護士の回答を元に解説します。

関連する悩み相談への、弁護士の回答を参考にしたい方

法律相談を見てみる

目次

  1. 就業規則のルールに従わないと退職できない?
  2. 体調不良で働けない…契約期間内でも退職できる?
  3. 会社が退職届を受理してくれない場合はどうすればよい?

就業規則のルールに従わないと退職できない?

就業規則に、「退職は3か月前までに申し出ること」といったルールが設けられていることがあります。 体調を崩して働けないなどの理由で、少しでも早く会社を辞めたい場合でも、就業規則に従わなければ退職できないのでしょうか。

退職と損害賠償について

相談者の疑問 美容関係の仕事をしています。身体を壊してしまい、退職の希望を何度も出しておりますが、人手不足が原因で全く取り合ってもらえません。

自分がいなくなることでシフトが成り立たなくなったり、ご予約いただいているお客様がキャンセルになってしまう場合、会社からの損害賠償はあり得ますか?

就労規則で、辞める場合は3か月前に申告するというルールもあります。

周藤 智の写真 弁護士の回答周藤 智弁護士 適法に退職できた場合には、法律上は、損害賠償責任を負うことはありません。

ただ、適法か否かにかかわらず、請求すること自体は可能なので、会社側が請求してくることもあるでしょう。

「やむを得ない事由」がある場合には即時退職をすることができます。
体調が労務に耐えられないといった場合には認められる可能性もあるかもしれません。

また、「やむを得ない事由」がなくても民法上は2週間の予告期間を設ければ退職可能です。

民法と就業規則の優劣については、見解が分かれるところですが、就業規則で予告期間を延ばせても最長1か月程度ではないかとされています。

病院で就労不能の診断書を取得し、その上で退職届を提出することが安全だと思います。年次有給休暇がある場合には、退職届とともに有給休暇の申請もするのが通常です。

▶ 労働問題に注力する弁護士を探す

体調不良で働けない…契約期間内でも退職できる?

契約期間が決まっている雇用契約でも、契約期間満了前に退職できるのでしょうか。体調不良などの事情があっても、契約期間が終わるまでは退職できないのでしょうか。

辞めさせてもらえません…

相談者の疑問 雇用契約では1年以上の契約となっておりますが、勤めて2か月でヘルニアになってしまい、退職したいと申し出ました。

ところが契約では1年契約のため、「1年は絶対辞められないんだよ!」と経営者にキレられてしまいました。

診断書を出したのですが納得してもらえません。今後どうしたらよいでしょうか?

戸舘 圭之の写真 弁護士の回答戸舘 圭之弁護士 退職は基本的に自由ですし、1年契約であっても体調の関係で仕事を続けるのが困難であれば、やむを得ない事由がありますので当然に退職可能です。

診断書と退職届を一方的に送りつけて仕事を辞めてしまっても、法的には全く問題ありません。

▶ 労働問題に注力する弁護士を探す

会社が退職届を受理してくれない場合はどうすればよい?

会社が退職届を受理してくれない場合は、どのように対処すればよいのでしょうか。

会社が退職届け受理しない

相談者の疑問 会社に退職届を出そうと思うのですが、受理されなかった場合どうなりますか?

退職届を出しても辞めさせてもらえない場合どうしたらよいですか?

原田 和幸の写真 弁護士の回答原田 和幸弁護士 例えば、配達証明付きの内容証明で、退職の意思を伝えることは考えられます。

>退職届を出しても辞めさせてもらえない場合どうしたらよいですか?

一定期間前に退職の申し入れは必要になりますが、会社に相談者の退職の意思が伝わったのであれば、一定期間後に退職すればよいと思います。

退職したのであれば会社に行かないということも考えられますし、嫌がらせなどがあって事実上辞めさせてくれないということであれば、弁護士に入ってもらって対応してもらうことも考えられると思います。

▶ 労働問題に注力する弁護士を探す

関連する悩み相談への、弁護士の回答を参考にしたい方

法律相談を見てみる
記事のタイトルとURLをコピー