退職

2019年03月08日

【弁護士Q&A】試用期間中に「バックレ」…損害賠償を支払う義務は?

「試用期間中に会社からバックレたら損害賠償を求められた」。そんな悩みが「みんなの法律相談」に寄せられました。 この記事では、会社に損害賠償を支払わなければならないのか、給与から天引きされても仕方ないのか、といった点について、弁護士の回答とともに解説します。

目次

  1. 無断で退職したことを理由に会社から損害賠償請求されたら
  2. 会社が退職届を受理してくれない場合の対処法

無断で退職したことを理由に会社から損害賠償請求されたら

無断で退職をして、会社から損害賠償請求された場合、応じなければならないのでしょうか。 損害賠償として給与から一方的に天引きすることは認められるのでしょうか。

仕事をバックレてしまいました。損害賠償請求


相談者の疑問
試用期間中に、新しく働き始めた仕事をばっくれてしまいました。会社に、給料から求人広告費を含む人員手配のお金を引かせてほしいと言われました。

損害賠償請求も考えてると言われてしまったのですが、どうしたらよいですか?ちなみに給料は2か月支払われていませんでした。未払い分は請求できますか?


下大澤 優弁護士
法定の予告期間を置かずに退職をしたことは、雇用契約上の義務違反に該当します。

とはいえ、会社側からご質問者様に対する損害賠償請求が認められる可能性は極めて低いでしょう。

求人のための費用などは、無断退職から生じた損害とは認められないと考えてよいです。

さらにいえば、会社側は、ご質問者様の同意なく、損害を給与から天引きすることはできません。同意なく天引きをした場合、労基法違反となります。

給与は全額請求して構いません。

給与の支払い方法については、振込みをするよう会社側に伝えてください。本社まで受取りに来なければ支払わないなどという対応に合理性はありません。

無断で退職することは、雇用契約上の義務違反に該当する場合があるようです。 ただし、会社からの損害賠償を請求が認められる可能性は極めて低いので、会社から求人費用などの損害賠償を請求されても、支払いに応じる必要はないでしょう。 また、給与から賠償額を天引きすることは違法になるようです。

会社が退職届を受理してくれない場合の対処法

波風を立てずに辞めたいけれど、会社が退職届を受け取ってくれない場合、どうすればよいのでしょうか。

バックレて退社した後に損害賠償請求されたら支払わなければいけないのか


相談者の疑問
ネイリストをしています。

精神的に辛いので辞めたいと言ったら、「入社の契約書に2か月前に辞める申請をしないとダメと書いてあるから、すぐに辞めるのは無理」と言われました。

労働基準法通り2週間にしてくださいと伝えたら、「その通りにしたいなら、弁護士出して」と言われて、まだ退職届を受理してくれません。

契約書の2か月よりも早く退社した場合は損害賠償請求をすると言われました。


原田 和幸弁護士
一般的に2か月は拘束しすぎだと考えられますし、会社に損害がなければ、損害賠償義務は発生しないと思います。

なお、退職届を受理してくれないなら、例えば、内容証明で退職の意思を明らかにしてはいかがでしょうか。

会社が退職届を受理してくれない場合は、内容証明郵便で退職届を会社に送るという方法を検討するとよいでしょう。

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す

退職に関する法律相談

  • 退職届の日付について

    会社を即日退職しました。 電話で退職をしたのですが、落ち着いてから退職日を今日の日付で書いて出しに来てと言われました。 その場合、退職日はその日として書くのですが退職届を書いた日...

    2弁護士回答
  • 退職金の算定期間について。

    退職金について質問です。 例えば2004年9月に契約社員として入社。 その後、毎年9月に自動更新が行われ、 2019年9月までは有期契約期間だったが、 7月からは病気の為、休職。9...

    3弁護士回答
  • 契約社員ですが、面接時に聞いていた休日日数と実際の日数が異なります

    先月半ばから半年間の契約社員として入社しました。 面接時には、現在いる社員は週6日勤務だが、自分が入社する時には週5日勤務になると言われ、週5日勤務だと思い入社しました。 実際入社...

    1弁護士回答
  • 就業規則に規定があるのに、退職金が支給されない

    就業規則で規定があるのに、退職金が支給されません。 ・勤続年数3年以上の場合に支給する。 ・勤続年数は、採用の月(試用期間を含む)から退職の月までを通算する。 勤務を開始したのは、2...

    1弁護士回答
  • 月途中退職による給与について

    月途中退職した場合職能給も日割りになるのか、残業代はどのように計算されるか、有給を使用した場合1日の支給額はどのように計算されるのか教えて頂きたいです。

    1弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

相談を絞り込む

退職の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 「元日に休めなくていつ休めるのか」 コンビ...
  2. 「まともな休憩とれず」 JR東日本の「広告看...
  3. 佐野SA、ふたたびストライキ決行へ「前回のス...
  4. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  5. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  6. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  7. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...