労働

弁護士監修記事 2019年03月01日

【弁護士Q&A】仕事中のミスで会社から損害賠償請求…支払う義務はある?

仕事中にミスをして、会社に損害を与えてしまったーー。このような場合に、会社から損害賠償請求をされたら、支払いに応じる必要はあるのでしょうか。 みんなの法律相談」に寄せられた実際の相談事例と弁護士の回答を元に解説します。

目次

  1. 仕事上のミスで会社に損害を与えたら賠償しなければならないのか
  2. 重過失があったら、かならず全額賠償?
  3. まとめ

仕事上のミスで会社に損害を与えたら賠償しなければならないのか

alt 仕事上のミスで会社に損害を与えたら、賠償しなければならないのでしょうか。

仕事中の器物破損による賞与全額カット


相談者の疑問
主人のことで相談です。

誰から見てもやつれたことがわかるくらいになり、このままでは身体がもたないと、退職することになりました。

しかし、退職準備中に、機械のセッティングミスにより機械の部品を破損してしまいました。

数日たってから有休消化に入り、退職日までにボーナス支給日があったのですが、支給対象に該当するにもかかわらず振込がされておらず、労働基準局へ行き、アドバイスをもらい賞与を振り込むように通知書を作成し郵送しました。

回答書には「賞与0円支給にしたのは部品の破損によるもの。損害賠償も検討している」とのこと。

賞与のカットは仕方がないのでしょうか。損害賠償を請求されたら、応じる必要はあるのでしょうか。


西田 広一弁護士
会社は、労働者雇用により利益を拡大していること(報償責任原則)から、従業員に故意重過失がある場合でないと業務上会社に与えた損害の賠償請求をすることができません。

本件では、軽過失であり請求できないでしょう。

仕事上のミスで会社に損害が発生したとしても、従業員がわざとミスをした場合や、ミスをしたことに従業員側の大きな落ち度(重過失)がなければ、会社からの損害賠償請求は認められないでしょう。

重過失があったら、かならず全額賠償?

alt では、重大な過失があれば、損害について全額を従業員が賠償しなければならないのでしょうか。

業務中の加害者側の事故


相談者の疑問
業務中に私の不注意で追突事故を起こしてしまいました。

相手方も私もケガをしたため、私の会社の入っている保険で全て対応になり、相手方と私のトラックの修理をしました。

自分で始末書を書いて、1年間の毎月の減給とボーナスカットを条件に保険を使わせてください、という内容の書類を書かされて、一応保険は使えることになりました。

恐らく保険からおりるお金は、会社側が払っているものだから返しなさいと言われると思います。

一応会社に対して減給とボーナスカットもされているので、これ以上会社のいいようにされたくないのが本音です。会社にお金を返せといわれたときにどうするのがよいのでしょうか。


好川 久治弁護士
法的に返す根拠があるとすれば雇用契約上の債務不履行に基づく損害賠償ですが、車両を使用する仕事中の事故ですから、会社としてリスクを負担すべき問題で、そのための保険ですから原則として従業員として負担すべき義務はないと考えます。

不注意が酒酔いなどの重大な過失に基づく場合でも、会社が被った損害全額を負担する義務まではありません。

請求されたら、根拠を示してもらうようにし、持ち帰って検討する、という対応でよいかと思います。その後、弁護士に相談して回答してください。

従業員側の重大な過失が原因で会社に損害を与えたとしても、会社が被った損害全額を従業員がカバーする義務まではないようです。

まとめ

仕事上のミスで会社に損害を与えたことを理由に賠償を求められたとしても、必ずしも支払う義務はありません。特に、ミスをしたことについて、従業員側の落ち度が小さい場合は、会社からの損害賠償請求が認められる可能性は低いでしょう。 飲酒運転が原因で事故を起こしたケースなど、従業員に重大な落ち度があれば、会社からの損害賠償請求が認められる可能性があります。ただし、損害額全額を賠償する義務まではないようです。

関連記事

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す

労働に関する法律相談

  • 訴訟の第1回期日に何をするのか

    ハラスメントについて民事訴訟の訴状を提出しました。 これが5月上旬です、弁護士からは呼び出されるのは半年後との話でした。 しかし、本日、裁判所から訴訟の第1回期日が6月半ばであると...

    3弁護士回答
  • 弁護士と行政書士の基本的なお仕事の違いについて

    先生方に教えていただきたいことは 行政書士ができて弁護士ができないこと。 逆に弁護士ができて行政書士ができない仕事内容はありますか?

    3弁護士回答
  • 勤務先を突然解雇すると連絡がきた

    勤務先を突然解雇すると言われてどうしたらいいか悩んでおります 某家電量販店の配送センターに孫受けで入っている個人授業主に雇われている 状態なんですが雇用主が配置転換で違う業務に入...

    1弁護士回答
  • 母が努めていた会社より解雇を言い渡されました。解雇予告手当を頂くことは可能でしょうか。

    母が努めていた会社より解雇を言い渡されました。 解雇通告は上司からの口頭でのみ言い渡された様です。 業務はホテルの清掃業で、勤続は1年程になりますが月に13日程しか出勤しておりません...

    1弁護士回答
  • 退職日は雇用側が決める?

    私にも非があるのですが、先日、仕事中にめまいが起きて病院にいったところ、病名をいわれて環境の変化で改善すると考え、メールにて退職します。と会社にメールしました。 その会社はファミ...

    1弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

法律相談を検索する

労働の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...
  2. ドイツに出向、残業100時間超で精神疾患に…現...
  3. しゃぶしゃぶ鍋事件、被害男性「熱い鍋より、...
  4. 私学教員の部活指導など、「明確な指示」なく...
  5. タイムカード打刻「15分単位」で切り捨て…薬...
  6. ベネッセ個人情報流出、東京地裁が請求棄却「...
  7. 過労死遺族、官邸前に座り込み…高プロに反対...