パワハラ

弁護士監修記事 2019年02月13日

パワハラの証拠として無断の録音や日記も有効なのか【弁護士Q&A】

パワハラで相手や会社を訴えるためには、パワハラを実際に受けたことを証明するための証拠が必要です。

  • 会話を無断で録音しても問題はないのか
  • 日記やメモも証拠として有効か
  • 同僚の証言は有効か

これらの証拠の有効性などについて「みんなの法律相談」に寄せられた実際の相談事例と弁護士の回答を元に解説します。

目次

  1. パワハラ被害をこっそり録音してもよい?
  2. 日記やメモも証拠として有効か
  3. 同僚の証言は証拠になるのか

パワハラ被害をこっそり録音してもよい?

パワハラを受けているときの録音データは有力な証拠の1つです。 では、録音していることを相手に知らせず会話を録音しても問題はないのでしょうか。

パワハラの証拠収集


相談者の疑問
パワハラの証拠収集にあたり、録音機を携帯するのは問題ないと判断していますが、共謀者との会話の取得を目的として、録音機を作業場や自分のロッカーに置いた場合、またその内容を監督署などの外部へ知らせた場合に法的問題は発生しないでしょうか。

また秘密録音した内容を他の社員に聞かせた場合に、プライバシーの侵害などにならないでしょうか。


西田 広一弁護士
共謀者との会話の取得を目的として、録音機を作業場や自分のロッカーに置いた場合、あなたが自由に使える場所の場合、録音機を置くこと自体は特に問題はないでしょう。

録音することは、一種の盗聴となりプライバシー侵害の問題となりますが、正当な目的のためであり相当な範囲で、不法行為とはならず許されるでしょう。

その内容を外部へ知らせることもプライバシー侵害の問題となりますが、これもパワハラを防止するなど正当な目的のため、公的な相談部署へ知らせるという必要相当な手段を取っており、適法として不法行為とはならないでしょう。

これが、もし協力者を募るためにやむなく行なったという場合、適法となると思われますが、相手の悪質性を強調して陥れるためなどの場合、必要性・相当性が疑問となり、違法となる可能性があるでしょう。

パワハラの証拠の1つとして、会話の録音データは有効です。 パワハラの証明など正当な目的のための録音であれば、無断で録音しても、ただちに違法な行為とはならないようです。

日記やメモも証拠として有効か

録音をすることが難しい場合、パワハラ被害を記録したメモなども証拠になるのでしょうか。

パワハラの証拠はパソコンに入力した日記に効果はありますか。


相談者の疑問
上司のパワハラの証拠は録音がいいと伺いました。

録音の機械では、気づかれないようにするのはなかなか難しいです。

何を言われたかパソコンに入力していますが証拠としては弱いでしょうか。直筆でノートの記録する方がよいのでしょうか。


山田 兼太郎弁護士
パワハラの証拠としては、録音または動画がよいのはそのとおりです。

ただ、自分で日記などで記録しておいた場合も、証拠として価値があります。

直筆かパソコンについては、直筆の方がよいと思います。理由は、直筆であれば、相談者様自ら作成したことが、パソコンよりも明らかであるからです。

また、作成日はかなり重要だと考えます。
パワハラを受けた日に近い日時で、記録しておくことでより証拠価値が高まります。

期間が経過すると記憶が曖昧になると見なされるなどの理由により、証拠価値は下がると思います。

パワハラ被害について自分で記録したメモや日記も証拠の1つになるようです。 パソコンよりも直筆で記録した方がよいでしょう。 作成日も忘れずに記載しましょう。パワハラを受けた日に近い日時で記録する方が、より証拠としての価値が高まる可能性があるようです。

同僚の証言は証拠になるのか

同僚にパワハラがあったことなどを証言してもらい、それを書面にして一筆もらった場合、パワハラの証拠として有効なのでしょうか。

パワハラの証拠としての効力


相談者の疑問
パワハラの証拠の1つとして同僚に一筆もらおうと思っているのですが、こちらが文面を書き、事実と相違ないことの証明として署名をしてもらうだけで大丈夫なのですか?

正確な日付けを入れられなかったり、自分の仲間の署名だったりすると証拠として弱くなったりしますか?


井上 祐司弁護士
単なる念書よりは陳述書という形で、詳細に時系列を追ったものを用意すべきでしょう。

日付は書面の場合必須です。また友好関係にある人物(証人含む)の供述は、一般的に証拠力が弱いとされています。

同僚からパワハラの証言などについて一筆もらうのであれば、念書ではなく陳述書で詳細に書いてもらった方がよいようです。 ただ、仲がよい同僚の証言は、証拠として弱いと判断される可能性があるようです。他の証拠も併せて用意しておくとよいでしょう。

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

パワハラ・セクハラを扱う弁護士を探す

パワハラに関する法律相談

1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

相談を絞り込む

パワハラの法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  2. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  3. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  4. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  5. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...
  6. ドイツに出向、残業100時間超で精神疾患に…現...
  7. しゃぶしゃぶ鍋事件、被害男性「熱い鍋より、...