弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

労働

届出義務(就業規則について)

読み方:とどけでぎむ

常時10人以上の労働者を使用する使用者は、必ず就業規則を作成・変更する場合には、労働基準監督署に届出なければならない、ということ(労基法第89条)。

関連記事

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す

法律用語検索

法律用語の検索ランキング

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

労働の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. JR西「人為ミスは責めない」非懲戒制度、積極...
  2. 上司の私的な誘い拒否→「社会人失格」と書か...
  3. うつで「休職」、交通死亡事故で「罰金刑」…...
  4. 「強制参加の社員旅行」なのに「有休使って」...
  5. 赤字招いた同族経営批判で突然の解雇、上野学...
  6. MRから単純作業の職種に配転、降格・退職勧奨...
  7. 国会対応などで過酷な「霞が関不夜城」、過労...