弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

労働

届出義務(就業規則について)

読み方:とどけでぎむ

常時10人以上の労働者を使用する使用者は、必ず就業規則を作成・変更する場合には、労働基準監督署に届出なければならない、ということ(労基法第89条)。

関連記事

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す

法律用語検索

法律用語の検索ランキング

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

労働の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. うつ病から復帰後、昇進の打診…「ストレス、...
  2. 社長が同僚に「お前は赤ちゃん以下」と罵声…...
  3. 「社会保険料が高くなるから、春に残業するな...
  4. 実績、選考状況の嘘…就活で経歴「盛る」学生…...
  5. ほっともっと店長「名ばかり管理職」訴訟、静...
  6. 残業、月100時間未満「過労死なくならない」...
  7. 部下を慰めるため「頭ポンポン」したらセクハ...