弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

残業時間

残業時間の計算方法

残業時間とは、個々の会社で定められた所定労働時間を超えて働いた時間の合計です。「所定労働時間」とは、法定労働時間の範囲内で、各会社によって設定されている労働時間のことです。必ずしも法定労働時間と所定労働時間は同じとは限りません。ここでは、労働時間の定義と合わせて残業時間の計算方法を確認しましょう。

目次

  1. 残業時間の計算方法
  2. 残業時間は2パターンありうる

残業時間の計算方法

残業時間とは、本来の労働時間を超えて働いた時間のことです。まずは、そもそもの「労働時間」の範囲から確認しましょう。

そもそも労働時間の定義とは

労働時間には、実際に働いている時間だけでなく、使用者の指揮命令下に置かれていると言える時間も含まれます。例えば名目上は休憩時間である「昼休み」であったとしても、電話番を課せられているなど「業務に従事している」とみなされると、労働時間に該当します。

一方で、通勤時間や出張先への往復時間など、一見業務の一部に該当しそうな時間もあります。ただし、これらの時間は「使用者の指揮命令下に置かれている」とはいえないため、特別の事情がない限り労働時間には該当しません。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

残業時間とは所定労働時間を超えた時間

残業時間とは、個々の会社で定められた所定労働時間を超えて働いた時間の合計です。「所定労働時間」とは、法定労働時間の範囲内で、各会社によって設定されている労働時間のことです。必ずしも法定労働時間と所定労働時間は同じとは限りません。

法定労働時間とは

使用者は原則として、「1日に8時間、1週間に40時間」を超えて労働者に労働させてはいけません。所定労働時間は、法定労働時間の範囲内で設定される必要があります。

なお、商業、映画・演劇業、保健衛生業、接客娯楽業で、従業員数が10人未満の事業所の場合は、1週間に40時間ではなく44時間となります。法定労働時間について詳しくは、「法定労働時間とは」をご覧ください。

残業時間は2パターンありうる

所定労働時間と法定労働時間の違いを紹介しましたが、場合によっては所定労働時間の方が法定労働時間よりも短い可能性があります。その場合、割増賃金の有無によって残業時間が2パターンある可能性がありますので注意しましょう。

法定時間内労働(法内残業)

会社が定めた所定労働時間を超えていても、法定時間労働の範囲内であれば「法内残業」に該当します。労働した時間分の所定賃金は支払われますが、割増賃金の適用はありません。

法定時間外労働

法定労働時間を超えて働いた場合は「法定時間外労働」となります。労働した時間分の所定賃金の支払いと合わせて、25%以上の割増賃金が適用されます。場合によっては割増賃金率がより高くなる可能性もあります。詳しくは「時間外労働における割増賃金の計算方法」をご覧ください。

なお、本来であれば法定時間外労働を課すことはできません。36協定を結んでいる場合は、ある程度の法定時間外労働が認められます。詳しくは「36協定とは:制度内容と締結に係る要件」をご覧ください。

このページのタイトルとURLをコピーする

関連記事

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す

残業時間に関する法律相談

  • 強制的な労働条件の改悪 給料の削減

    労働残業残業時間

    飲食店に勤務するものです。 労働時間の抑制を会社の上層部が強制してきますが、これは法律的に問題ないのでしょうか? 今月中旬、うちの部門をまとめる長から下記のようなメールが、エリア...

    2弁護士回答
  • 労働基準について教えてください

    労働残業残業時間

    旦那の会社のことです。建設関係の仕事です。 ①20歳で入社してから役職も何もないのに役職手当という手当を月に1万つけて時間外労働の賃金は一切なし ②毎日、日報で勤務時間を記入している...

    1弁護士回答
  • 残業代、請求できるのでしょうか

    労働残業残業時間

    残業代について 同じ業種で、2年前に転職しました。 現在の職場は、月の平均勤務時間が200時間超えして、休日も少なく 1年経たないうちに、月にとるべき休日(暦通りの休日)は取れないま...

    1弁護士回答
  • 人事部長の苦情申立書の回答拒否

    労働残業残業時間

    時間外労働の未払いについての苦情申し立てを人事部長にしました。 苦情申立は就業規則に迅速適切に対応するようにあります。 しかし、人事部長は、時間外労働の未払いに関しての回答はなく...

    2弁護士回答
  • 就業中の休憩時間が中断(分断)かつ拘束されます。

    労働残業残業時間

    こんにちは。 よろしくお願いいたします。 私は昨年11月から個人経営(有限会社)の薬局に薬剤師として雇用されました。 契約書も交わし、労働条件として「9:00から18:00(実働8時間)」の記載が...

    2弁護士回答

法律相談を検索する