弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

残業時間

時間外労働の限度基準

使用者は原則として、「1日に8時間、1週間に40時間」を超えて労働者に労働させてはいけません。法定労働時間を超えて働いた場合は時間外労働となります。本来であれば時間外労働を課すことはできません。36協定を結んでいれば時間外労働が認められますが、上限が決まっているので注意しましょう。

目次

  1. 時間外労働には上限がある
  2. 時間外労働の限度時間

時間外労働には上限がある

使用者は原則として、「1日に8時間、1週間に40時間」を超えて労働者に労働させてはいけません。商業、映画・演劇業、保健衛生業、接客娯楽業で、従業員数が10人未満の事業所の場合は、1週間に40時間ではなく44時間となります。

法定労働時間を超えて働いた場合は時間外労働となります。本来であれば時間外労働を課すことはできません。36協定を結んでいれば時間外労働が認められますが、上限が定められているので注意してください。

時間外労働の限度時間

36協定を結んだ場合、時間外労働の限度時間は1か月に45時間までとなります。

ただし、特別条項付36協定を結ぶと、36協定の限度時間を超えた時間も残業させることができます。また、そもそも36協定の適用対象外となる業務や事業もあります。

80時間、または100時間が目安

特別条項付36協定を結んだ場合や、36協定の適用対象外の場合であっても、36協定の締結自体は行わなければなりません。また、限度時間の設定が45時間を超えていい、というだけであって限度時間を規定する必要性はあります。

長時間勤務による健康障害の発症などが原因で労働者が死に至った場合、一般的には以下の場合に健康障害と長時間労働の因果関係を認めやすいとされています。

  • 健康障害の発症前2~6ヶ月間で平均80時間を超える時間外労働をしている場合
  • 発症1か月前に100時間を超える時間外労働をしている場合

法律的な限度がない場合も常識の範囲内で設定する

特別条項には限度時間はありませんが、実質的には健康管理措置上の上限があるといえます。どのような場合でも労働者に無限に労働させることができるのではなく、常識の範囲内で設定される必要があることを労使ともに忘れないようにしましょう。

36協定について詳しくは、「36協定とは:制度内容と締結に係る要件」をご覧ください。

このページのタイトルとURLをコピーする

関連記事

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す

残業時間に関する法律相談

  • 人事部長に対する苦情申し立て

    労働残業残業時間

    会社の人事部長に、メールで、時間外労働に対する未払い、パワハラ、人事異動による減給などの苦情を申し立てました。 都合のいい回答をするだけで、私に対する聞き取りは一切ありませんでし...

    2弁護士回答
  • 派遣社員の残業時間について

    労働残業残業時間

    ご教授を頂けると幸いです。 派遣社員として働いますが、派遣先の面談の時に 残業は、出来る。といいました。 その条件で採用になったのですが、毎日2時間は やってますが、少ないと指摘さ...

    1弁護士回答
  • 未払い賃金請求 内容証明の書き方について

    労働残業残業時間

    未払賃金請求の内容証明を送る際、以下内容で問題ありませんでしょうか。 未払い賃金請求通知書 通知人は貴社と雇用関係にあり平成25年12月xx日より社員として労務を行なっているが...

    1弁護士回答
  • 変形1年労働制残業未払い

    労働残業残業時間

    2年つとめた建築業の会社を退職し残業未払いの請求してますがいきなり変形1年労働制っていってきてます。ちなみに残業時間は月65時から80時間あります。残業代の請求して初めて変形1年労働制...

    1弁護士回答
  • 自主的なサービス残業に対すて予想される罰則について

    労働残業残業時間

     自主的なサービス残業に対する罰則についてお伺いしたく、相談させていただいております。パニックのため、文章が読みにくいことはお許しください。  私が社員として勤める勤務先(小売...

    2弁護士回答

法律相談を検索する