弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

残業時間

時間外労働の定義

使用者が労働者を働かせることができる法定労働時間は原則として「1日に8時間、1週間に40時間以内」と決まっています。ただし各使用者が労働者に対して定める所定労働時間は、法定労働時間とは異なる場合があります。そのため、時間外労働には 所定時間外労働と法定時間外労働の2種類が存在します。両者合わせて確認しましょう。

目次

  1. 時間外労働の定義
  2. 労働時間制度が異なる場合の時間外労働
  3. 時間外労働の賃金が未払いの場合

時間外労働の定義

使用者が労働者を働かせることができる法定労働時間は「1日に8時間、1週間に40時間以内」と決まっています。ただし各使用者が労働者に対して定める所定労働時間は、法定労働時間とは異なる場合があります。そのため、時間外労働には以下の2種類が存在します。

  • 所定時間外労働
  • 法定時間外労働

共通して、働いた時間外労働分の賃金の支払いは必要です。合わせて、法定時間外労働では25%以上の割増賃金率を定める必要があります。

ただし、所定労働時間の設定が法定労働時間よりも少ない場合は注意が必要です。所定労働時間を超えて働いていた場合でも、法定労働時間内の範囲内であれば割増賃金はありません。

法定時間外労働の割増賃金率

労働者に法定時間外労働させるには、別途36協定を結ぶ必要があります。36協定を結ぶと、1か月に45時間程度までの法定時間外労働が容認されます。ただし、1か月に60時間を超えた場合は、割増賃金率が50%以上になるケースもあります。

詳しくは、以下のリンクも合わせてご覧ください。

労働時間制度が異なる場合の時間外労働

会社によっては、特殊な労働時間制度を導入している可能性もあります。変形時間労働制とフレックスタイム制の場合は、時間外労働によって賃金が発生する可能性があります。

裁量労働制の場合は労働時間が労働者の裁量に任せられているため、時間外労働の認識が労使ともに甘くなるケースもありえます。実労働時間とみなし労働時間があまりにかけ離れている場合は、時間外労働に関する認識を改めるべきでしょう。

詳しくは、以下のリンクも合わせてご覧ください。

時間外労働の賃金が未払いの場合

正当な賃金の支払いが受けられない場合は、労働者は賃金を請求する権利があります。賃金未払いの証拠などを揃えたうえで、時間外労働の賃金を請求しましょう。

詳しくは、以下のリンクも合わせてご覧ください。

このページのタイトルとURLをコピーする

関連記事

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す

残業時間に関する法律相談

  • 人事部長に対する苦情申し立て

    労働残業残業時間

    会社の人事部長に、メールで、時間外労働に対する未払い、パワハラ、人事異動による減給などの苦情を申し立てました。 都合のいい回答をするだけで、私に対する聞き取りは一切ありませんでし...

    1弁護士回答
  • 派遣社員の残業時間について

    労働残業残業時間

    ご教授を頂けると幸いです。 派遣社員として働いますが、派遣先の面談の時に 残業は、出来る。といいました。 その条件で採用になったのですが、毎日2時間は やってますが、少ないと指摘さ...

    1弁護士回答
  • 未払い賃金請求 内容証明の書き方について

    労働残業残業時間

    未払賃金請求の内容証明を送る際、以下内容で問題ありませんでしょうか。 未払い賃金請求通知書 通知人は貴社と雇用関係にあり平成25年12月xx日より社員として労務を行なっているが...

    1弁護士回答
  • 変形1年労働制残業未払い

    労働残業残業時間

    2年つとめた建築業の会社を退職し残業未払いの請求してますがいきなり変形1年労働制っていってきてます。ちなみに残業時間は月65時から80時間あります。残業代の請求して初めて変形1年労働制...

    1弁護士回答
  • 自主的なサービス残業に対すて予想される罰則について

    労働残業残業時間

     自主的なサービス残業に対する罰則についてお伺いしたく、相談させていただいております。パニックのため、文章が読みにくいことはお許しください。  私が社員として勤める勤務先(小売...

    2弁護士回答

法律相談を検索する