サービス残業の請求で、労働者虚偽申告で罰則もらうのか

公開日: 相談日:2020年08月27日
  • 1弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

上司からサービス残業を強要されて、
体を壊し、休職しておりました。

人事部へ上記の件を伝え、サービス残業代を請求をしました。
パソコンで就労管理をするため、
サービス残業の箇所をスクリーンショットで資料をまとめ、人事へ提出しました。

その結果、サービス残業について
あなたが、就労管理で虚偽申告したんだろ
と社内規則に沿って、罰則扱いになる。
罰則をくらいたいのか?
と返信がきて、驚いております。

確かに、就労管理に、残業を少なくするように申告しました。
しかし、それは上司に強要されたためです。

このような案件の場合、罰則になるのは通常なのでしょうか?

よろしくお願いいたします。






950889さんの相談

回答タイムライン

  • 相談者 950889さん

    タッチして回答を見る

    齋藤先生

    ご回答ありがとうございます。
    本日、人事から追加の情報が入りましたので、
    本相談に追加で説明します。

    人事から
    サービス残業代は支払います。
    しかし、虚偽申告であなたを社内で罰則を与えますと言われました。

    社内での罰則は、一般的に、
    労働者が、犯罪を行った場合なら、
    会社が労働者に対して解雇や減給などの罰則をするのは、イメージがわきます。

    このような事例はあるのでしょうか?



  • 相談者 950889さん

    タッチして回答を見る

    齋藤先生

    ありがとうございました。
    残業の過少申告で罰則するのは違法であることを聞き、安心しました。

この投稿は、2020年08月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

「サービス残業」に関する情報をわかりやすく解説した法律ガイド

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから