弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

残業代

2016年08月01日

月60時間を超える残業代の割増率

本来であれば法定労働時間内で仕事が終わればよいのですが、残業の必要がある場合も少なくないでしょう。36協定を結んでいる場合、使用者は労働者に対して1か月に45時間までを目安に残業させることができます。法定時間外労働を行った場合は、通常の労働時間よりも賃金が高くなり、25%以上の割増賃金率が適用されます。

目次

  1. 残業が1か月に60時間を超える場合

残業が1か月に60時間を超える場合

1か月に60時間を超える法定時間外労働について、大企業の場合は50%以上の割増賃金が必要です。通常の法定時間外労働で、25%以上と定められている割増賃金率よりも高くなります。 一定の基準を満たした中小企業の場合、現時点では規定の適用が猶予されています。予定では平成31年の4月1日から、この50%の割増賃金率の適用猶予が廃止される見通しです。

法律の適用猶予中の中小企業の範囲

1か月の法定時間外労働時間の合計が60時間を超えていても、以下の条件を満たす中小企業は法律が適用されません。「①資本金(または出資)の額」と「②常時使用する労働者の数」の条件について、どちらかでも当てはまれば対象となります。

業種 ①資本金(または出資)の額 ②常時使用する労働者の数
小売業 5000万円以下 50人以下
サービス業 5000万円以下 100人以下
卸売業 1億円以下 100人以下
その他 1億円以下 300人以下

上記の条件に当てはまる例は以下のとおりです。

  • 小売業で資本金が4,000万円、常時使用する労働者の数が40人
  • サービス業で資本金が1億円、常時使用する労働者の数が30人
  • 卸売業で資本金が5,000万円、常時使用する労働者の数が200人
このページのタイトルとURLをコピーする

関連記事

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

給料・残業代請求を扱う弁護士を探す

残業代に関する法律相談

  • 残業代の計算方法について

    労働残業残業代

    残業代は1分単位で計算されています。 一日9時間10分働いたら1時間10分が残業代のため、10進法で 70÷60=1.1666666667となりうちの会社は小数点第3位以下を切り捨ててるため、1.16×時給になり...

    1弁護士回答
  • 基礎賃金の計算方法について

    労働残業残業代

    みなし残業代として月に一定時間分の残業代を支給されています。残業代は基本給をもとに計算されているのですが、最近になって計算方法が間違っているのではないかと思うようになりました。...

    2弁護士回答
  • 60時間を超える残業代は払わなくてもよいのか?

    労働残業残業代

    お世話になります。 50代スーパー店員です。 正社員で会社に組合はありません。 週休二日で週40時間の勤務体制です。 残業代の事で相談です。 月60時間までは時給の1.25倍を頂いております...

    1弁護士回答
  • (未払残業代請求)会社のデータを持ち出して自宅で作業した時間について請求したい

    労働残業残業代

    退職済の会社に対し、サービス残業をしたために未払になっている超過勤務手当を請求しようとしております。 私が自ら控えを取った各種の記録によって請求する時間数を計算しようとしており...

    2弁護士回答
  • 前会社に残業代を請求できるのか?

    労働残業残業代

    残業代の請求に関してききたいです。約一年前に勤めていた会社なのですが、残業代がありませんでした。勤務時間は 約1日10時間になります。 タイムカードもないので証拠と言う証拠もないです...

    1弁護士回答

法律相談を検索する

残業代の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 深夜帰宅、休日もゴルフ場送迎…役員付き「ハ...
  2. JR西「人為ミスは責めない」非懲戒制度、積極...
  3. 上司の私的な誘い拒否→「社会人失格」と書か...
  4. うつで「休職」、交通死亡事故で「罰金刑」…...
  5. 「強制参加の社員旅行」なのに「有休使って」...
  6. 赤字招いた同族経営批判で突然の解雇、上野学...
  7. MRから単純作業の職種に配転、降格・退職勧奨...