弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

残業代

管理職に残業代が出ないのが違法になるケース

労働基準法の規定により、「管理監督者」には時間外労働に対する割増賃金が支払われません。一般的な監理職に相当するケースもありますが、管理監督者については法律上の規定があります。ここでは、管理監督者の定義やその他の規定についても合わせて確認しましょう。

目次

  1. 監理職には残業代が出ない
  2. 管理監督者は対象外となる労働基準法上の規定

監理職には残業代が出ない

労働基準法の規定により、「管理監督者」には時間外労働に対する割増賃金が支払われません。一般的な監理職に相当するケースもありますが、管理監督者については法律上の規定がありますので確認しましょう。

管理監督者の条件 具体例
労務管理について経営者と一体的である ・経営方針の決定に参加している
・労務管理上の指揮権限がある
労働時間を管理されていない ・出退勤の時間が自由
・労働時間の自由裁量がある
管理監督者にふさわしい待遇を受けている ・賃金や手当の額が、一般的なスタッフよりも優遇されている
・地位やそのほかの待遇について、一般的なスタッフよりも優遇されている

名ばかり監理職ではないか?

管理監督者の定義に沿わない「名ばかり監理職」の地位に置かれ、違法に残業代が支払われない場合も考えられます。その場合は、本来支払われるべき残業代を労働者が請求できる場合もあるでしょう。

判例や労働審判の例では、実際に労働者の訴えが認められ、未払い残業代として残業分の賃金が支払われたケースもあります。

残業代を請求する方法については、「未払い残業代を請求する方法」をご覧ください。

管理監督者は対象外となる労働基準法上の規定

時間外労働の割増賃金に関する規定だけではなく、管理監督者については以下の規定も適用されません。

労働者に適用される規定 具体的な内容
労働時間の条件 法定労働時間を超えて労働させてはならない
休憩の付与 一定の労働時間働かせる場合は、一定時間の休憩を与えなければならない
休日の付与 法定休日を与えなければならない
休日労働の割増賃金 休日に労働させる場合は、所定の割増賃金を支払わなければならない

各規定について詳しくは、以下のリンクをご覧ください。

適用される規定もある

時間外労働と休日労働に対する割増賃金は支払われません。ただし深夜労働に対しては、通常の労働者と同様に割増賃金が支払われます。詳しくは、「深夜労働における割増賃金の計算方法」をご覧ください。

このページのタイトルとURLをコピーする

関連記事

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す

残業代に関する法律相談

  • 月平均所定労働時間の計算についての質問2つ。お願いいたします。

    労働残業残業代

    残業代の算出について2つ質問です。 所定労働時間7時間の会社に勤務しています。会社の年間休日数は125日です。残業代は法定内残業は月給に含まれており、1日8時間以上の労働分のみ支払わ...

    1弁護士回答
  • 労働審判の第一回の労働審判の件

    労働残業残業代

    労働審判の件です。 労働審判の事をインターネットで検索すると 第一回の労働審判の時に申立人と相手方のが 5分位の主旨説明をすると書かれていたのですが、 労働審判の本を読むとそういう事...

    2弁護士回答
  • 時短勤務の時間外勤務について

    労働残業残業代

    時短勤務にしていますが、人手が足りないということで時間外勤務をさせられています。もちろん給与カットで、残業代は付きません。 労組は名ばかりで当てになりません。 フルタイムに変更し...

    3弁護士回答
  • 市民病院の看護師の残業代

    労働残業残業代

    市民病院の看護師なのですが、残業代は請求できますか? 公務員と見なされて、労働基準法の適用がないから、残業代は請求できないのでしょうか?

    1弁護士回答
  • 未払い残業代の請求の合意書の内容に違反していると思うのですが。

    労働残業残業代

    ・残業代の請求について。 昨年、退社した人間から未払い残業代の請求を受け、相互に合意した金額を支払いました。 その際、合意書において、内容は他言無用という文言を入れました。 その後...

    1弁護士回答

法律相談を検索する