弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

残業代

未払いの残業代を請求する前に。残業代の正しい計算方法

労働基準法では法定労働時間が定められており、「1日で8時間、1週間で40時間」が基準となります。法定労働時間の定めにより、残業には法定内残業と法定外残業(法定時間外労働)の2種類が存在します。基礎賃金額や割増賃金の計算と合わせて、それぞれの残業代の計算方法を確認しましょう。

目次

  1. 残業代の計算方法は2パターン
  2. まずは基礎賃金額を計算する
  3. 法定内残業代の計算方法
  4. 法定外残業(法定時間外労働)代の計算方法

残業代の計算方法は2パターン

労働基準法では法定労働時間が定められており、休憩時間を除いた「1日で8時間、1週間で40時間」が基準となります。法定労働時間の定めにより、残業には法定内残業と法定外残業(法定時間外労働)の2種類が存在します。

導入している労働時間制度によっては、法定外残業(法定時間外労働)の概念が異なる場合もありますので注意しましょう。合わせて以下のリンクもご覧ください。

残業代を計算するためには、まずは基礎賃金額を計算して1時間当たりの基礎賃金額を出す必要があります。その後、計算した内容を法定内残業と法定外残業の計算式に当てはめて残業代を出してください。

まずは基礎賃金額を計算する

基礎賃金額は基本給とは異なります。まずは「手当を含めた月給」を計算しましょう。ただし、手当は全て含まれるのではなく、以下に該当する場合は差し引く必要があるので注意してください。

差し引かれる手当と賃金 備考
家族手当 ・扶養家族のある労働者に対し、家族の人数に応じて支給されるものに限る。
・扶養家族の有無や、家族の人数に関係なく一律で支給されるものは除く。
通勤手当 ・通勤に必要な費用に応じて支給するものに限る。
・通勤に必要な費用や通勤距離に関係なく一律で支給されるものは除く。
住宅手当 賃貸、持ち家など住宅の形態ごとに一律で支給されるものは除く。
・別居手当
・子女教育手当
・臨時に支払われた賃金
・1か月を超える期間ごとに支払われる賃金

1時間当たりの賃金額を計算する

基礎賃金額がわかったら、「1時間当たりの賃金額」を計算しましょう。時給制の場合は「1時間当たりの賃金額」がわかりやすいのですが、月給制の場合は時給を計算する必要があります。計算式は以下のとおりです。

  • 1時間当たりの賃金額=「基礎賃金額(手当を含めた月給)÷1か月の所定労働時間」

所定労働時間が不明な場合

1か月の所定労働時間が不明な場合は、労働基準法の法定労働時間を用いて計算しましょう。計算式は以下のとおりです。以下の表も参考にしてください。

  • 1か月の法定労働時間の合計=「40時間×1か月の暦日数÷7」
1か月の日数 法定労働時間の上限
31日 177.1時間
30日 171.4時間
29日 165.7時間
28日 160時間

なお、商業、映画・演劇業、保健衛生業、接客娯楽業で、従業員数が10人未満の事業所の場合は、法定労働時間は40時間ではなく44時間となります。

法定内残業代の計算方法

所定労働時間が法定労働時間よりも短い場合は、残業しても法定労働時間を超えない場合もあります。その場合は法定内残業に当たり、残業代の計算方法は以下の通りです。

  • 法定内残業代=「1時間当たりの賃金額×法定内残業時間数」

賃金の割り増しはありませんが、働いた時間分の賃金支払いは必要です。

法定外残業(法定時間外労働)代の計算方法

実労働時間が法定労働時間を超えた場合は法定時間外労働となります。労働基準法の定めにより、会社は割増賃金の支払い義務を負います。残業代の計算方法は以下の通りです。

  • 法定外残業の残業代=「1時間当たりの賃金額×法定外残業時間数×割増賃金率」

割増賃金率

法定外残業(法定時間外労働)の場合、割増賃金として25%加算されます。ただし、賃金が割り増しされるのは法定時間外労働のケース以外でもあります。休日や深夜に労働した場合も、割増賃金が適用されます。詳しくは以下の表をご参考ください。

割増賃金の条件 割増賃金率
法定時間外労働 25%以上
法定時間外労働+休日労働 35%以上
法定時間外労働+深夜労働 50%以上

なお、会社によって割増賃金率の設定が異なる場合がありますので、上記の表では「以上」という表現を使っています。実際に計算する際には、ご自身の就業規則などの規定を確認してください。

割増賃金について詳しくは、以下のリンクをご覧ください。

計算した残業代を請求する方法については、「未払い残業代を請求する方法」をご覧ください。

このページのタイトルとURLをコピーする

関連記事

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

給料・残業代請求を扱う弁護士を探す

残業代に関する法律相談

  • 和解金の税金の納入について

    労働残業残業代

    パワハラ・セクハラについて (示談内容) ・和解金合計金○○万円 ・和解金に未払残業代の精算も含まれている。 ・口外禁止 ・会社都合退職 など 税金の支払いの際に、課税か非課税かを税...

    1弁護士回答
  • ブラック企業に勤めていますがどうブラックかわからなくなってしまいました

    労働残業残業代

    正社員として働いている現在の会社の就業形態が違法ではないかと思うのですが、具体的にどこに問題がありますか? 1、入社してすぐに社会保険に入れてもらえるとのことでしたが、3ヶ月間社...

    1弁護士回答
  • 月190時間以上の部分を残業代と書かれてます。

    労働残業残業代

    労働条件通知書に、残業代は月に190時間以上の部分と書かれているのですが これは労働基準には違反していますか?

    3弁護士回答
  • 未払い残業代の和解後にすべきことは?

    労働残業残業代

    未払い残業代の和解をすることになりました。 その支払を確約するだめ(口約束だと・・)に、なにか書類を作成して、会社のサイン印鑑をもらったほうがよいでしょうか? その際、どんな内容を...

    1弁護士回答
  • 月平均所定労働時間の計算についての質問2つ。お願いいたします。

    労働残業残業代

    残業代の算出について2つ質問です。 所定労働時間7時間の会社に勤務しています。会社の年間休日数は125日です。残業代は法定内残業は月給に含まれており、1日8時間以上の労働分のみ支払わ...

    1弁護士回答

法律相談を検索する

残業代の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 恋人の有無、結婚予定、家族の職業・・・採用...
  2. WOWOW「6歳子役」を未明まで働かせ謝罪、「働...
  3. 「有休消化して退職したい」→上司「前例ない...
  4. 昼休み中に電話番、来客対応を強制…その分の...
  5. 春から新社会人のはずが、まさかの「留年決定...
  6. 社会保険逃れ? 雇用主変更、6年半で67回も…...
  7. 新人女性教員自殺、高裁も「公務に起因」認定...