1. 弁護士ドットコム
  2. 労働
  3. 残業
  4. 残業代
  5. 残業代請求についてご教授下さい

公開日:

残業代請求についてご教授下さい

2018年12月28日
残業代請求で訴訟を望んでいないのに、通知書到着後
半年間応じることなく、やむを得ず訴訟をすることになりました。
この場合
半年間の遅延損害金
以外に発生するものはないでしょうか??
相談者(745796)の相談

みんなの回答

下大澤 優
下大澤 優 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 宮城県2 労働問題に注力する弁護士
ありがとう
 訴訟において未払賃金の請求を行う場合,付加金の請求を併せて行うことが一般的です。
 労基法の条文は以下のとおりです。
 ただ,条文上は,未払賃金と同額の付加金の支払いを命じることができることとなりますが,現実には,付加金の支払いが命じられ,付加金を回収できる例は多くはありません。

第百十四条 
裁判所は、第二十条、第二十六条若しくは第三十七条の規定に違反した使用者又は第三十九条第七項の規定による賃金を支払わなかつた使用者に対して、労働者の請求により、これらの規定により使用者が支払わなければならない金額についての未払金のほか、これと同一額の付加金の支払を命ずることができる。ただし、この請求は、違反のあつた時から二年以内にしなければならない。

2018年12月28日 22時31分

相談者(745796)
ありがとうございます。
調べましたが、
訴訟は和解で解決するまたは、訴訟ではなく労働審判の割合が70%近いため結果として付加金にはならないと記載されていましたが、事実でしょうか?
逆に不誠実な対応で支払わない、和解しないとなると付加金、不法行為の可能性があがりますか??

2018年12月29日 07時14分

この投稿は、2018年12月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

歩合制の給与の考え方と残業代が発生するケース・計算方法を解説

実力主義を強く反映した「歩合制」を導入する企業は少なくありません。歩合制に対して、「成果がなければ給与もゼロでも仕方ない」「どれだけ残業して...

未払いの賃金や残業代を会社に請求する方法と必要となる証拠

未払いの残業代や賃金を会社に請求したいけれど、個人で会社と交渉することのハードルが高いと感じる人もいるでしょう。この記事では、実際に未払い賃...

固定残業代を超えて働いた分の残業代を請求する方法と必要な証拠

給与の中に固定残業代が含まれていても、決められた時間分を超えて働いた場合、別途残業代を支払ってもらえるのでしょうか。会社に請求しても応じても...

残業代請求に必要な証拠とは|タイムカード以外で勤務時間を証明する方法も紹介

未払いの残業代を請求するためには、どのくらい残業したのかを示す証拠が必要です。どのようなものが証拠になるのでしょうか。「[みんなの法律相談](ht...

管理職に残業代が発生する条件とは?|「名ばかり管理職」にあたるケースも解説

「課長」「マネージャー」など管理職のような役職についていて、業務上「管理監督者」として扱われているような場合であっても、場合によっては残業代...

この相談に近い法律相談

  • 遅延損害金、遅延利息 残業代

    残業代請求の遅延損害金、遅延利息についてご教授ください。 退職前6% 退職後14.6%といいますが、 例えば残業代100万とした場合退職前の未払い賃金に6%二年間経過 通知書を発送し無意味な引き延ばしをされ、半年後訴訟となり、退職から約一年半が経過したとします。 この場合100万円の残業代に対していくらの遅延損害金、遅延...

  • 残業代請求についてご教授下さい

    残業代請求を行っています。 一、約300時間の残業を約五年続けてきた。 二、通知書到着後、半年間応じずやむを得ず訴訟となった。 三、裁判官より被告に和解案が出たのに和解金など支払わないとごねている。 四、残業を認めない、尋問にも参加しないと言い出した。 五、パワハラ発言など何度も受け勤務時間が増えていき、疾病発症...

  • 労働条件通知書は退職後でも請求できますか?

    私はある会社を3月で退職しましたが、残業代や給与の未払いがあります。 そもそも労働条件通知書も交付されておらず、労働条件を明記した書面もありません。 そのほかにも様々な法令違反があり嫌気がさして退職したのですが、 残業代の支払いを請求しようにも労働条件を記載したものがありません。 基本給などが書かれた給与明細は...

  • 残業代請求 遅延損害金など

    残業代請求の訴訟中です。 相手が裁判官からの和解金すら支払わないといいさらに延びました。 これにより遅延損害金、または付加金が認められる可能性はあがったりしますか? 心証など悪くならないのでしょうか? このままごねられて引き延ばされ、支払いから免れられないようにしたいのですが、対処方法などはありませんか? 引...

  • 残業代、付加金について

    未払い残業代を請求しています。 付加金について調べました。 付加金の場合の「2年」とは、消滅時効ではなく「除斥期間」のことを指すと一般的に解釈されています。つまり、時効のように中断をすることができなくなっているのです。そのため、付加金を請求できる権利は、請求の有無にかかわらず未払い残業代が発生してから2年で消滅し...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

給料・残業代請求に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

残業代の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。