弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

残業代 : 未払い残業代の請求や時効、証拠のQ&A

未払いの残業代がある状態でどうしたら良いでしょうか?

妻の職場についての相談です。

あるアパレルブランドの店に、販売代行という派遣のような形で勤務しています。
勤務している店舗は、常時稼働しているスタッフは全部同じ所からの出向で、店長もその中の1人が勤めています。
また、出向元の会社は大きくなく、社長がスタッフのシフトを管理することもあるぐらいです。

まだ数ヶ月しか勤めていませんが、夜10時以降の深夜手当や残業代が給料に反映されていない事がわかりました。
社長の奥さんがたまに応援で店に来て、その奥さんに気に入られているため、社長ではなく奥さんに残業代などの話をこれからしようとしています。
ですが数週間前に、スタッフの1人が不正を働いたと問題が起こり、そのスタッフは解雇になった事案があります。
それで終わったと思ったら、数日前に「スタッフ全員入れ替える」と出向元の社長から急に話があり、社長と店舗運営で以前から噛み合っていなかった店長は、今月の15日で退職という事にされています。
妻を含めて他のスタッフはまだ予定が決まってませんが、みんな店長をとても慕っていて、いなくなるなら私も辞めると考えていますが、支払われていない残業代などの兼ね合いで、どうするべきか悩んでいます。
何より、主婦で扶養内で働きたいという約束なのに、年末年始もほぼフルタイムで出勤し急なシフト変更にも応じて来た者に、詫びの一つも無く総入れ替えだからと告知だけのやり方に憤りもあります。

店長に関しては、1ヶ月前の告知とその理由の説明がされておらず、不当解雇に当たると思うのですが、
未払いの残業代などがある妻は、それを請求して支払われるまで待つか、早いとこ次を探して来月いっぱいで辞めると宣告しながら未払い分を請求するか、どちらが良いのでしょうか?
先に辞めると宣告すると、年末年始同様の扶養内の考慮なんてしてない勤務時間で使ってやろう、とか考えられそうです。
良い知恵があったらお借りしたいです。
まず、①店長の解雇については、ご指摘のとおり、1か月前の予告をせずになされており、労働基準法20条1項本文に違反します。また、解雇に合理的理由がなく社会的に相当とも言えないので、労働契約法16条により、会社(派遣元ないしは出向元)の行った解雇は無効です。

次に、②未払いの残業代などがある妻は、それを請求して支払われるまで待つか、早いとこ次を探して来月いっぱいで辞めると宣告しながら未払い分を請求するかという点ですが、未払いの残業代(労働基準法37条1項の超過勤務手当、労働基準法37条4項の深夜手当)については、仕事を辞めても辞めなくても2年以内であれば請求することができます(労働基準法115条により残業代請求権は2年の消滅時効にかかります。)。
仕事は続けつつ、残業代の請求も行うという選択がもっともよいものではないかと思います。この場合は賃金も確保でき、しかも、残業代も請求することができるからです。
齋藤様

何条に違反しているというところまで詳しく回答を下さり、とても感謝いたします。
信頼している店長がいなくなるのもありますが、社長が従業員に断りなくコロコロシフトを変えるなど、無理して続ける意味もなくなったという事で、要求するものはキッチリして新しいところを探す事になりました。
方向性がはっきりしたので、とても助かりました。

ありがとうございます。

逆流性食道炎さん
2017年01月11日 16時20分

みんなの回答

齋藤 健博
齋藤 健博 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都2
弁護士が同意1
ベストアンサー
ありがとう

2017年01月11日 17時04分

逆流性食道炎 さん (質問者)

2017年01月13日 13時02分

この投稿は、2017年01月11日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

未払い残業代を請求する方法

使用者は労働者に対して労働の対価として給料や賃金を支払います。労働基準法では支払いに関する規定を定めており、違反した場合は罰則対象です。労働...

未払いの残業代を請求する前に。残業代の正しい計算方法

労働基準法では法定労働時間が定められており、「1日で8時間、1週間で40時間」が基準となります。法定労働時間の定めにより、残業には法定内残業と法定...

管理職に残業代が出ないのが違法になるケース

労働基準法の規定により、「管理監督者」には時間外労働に対する割増賃金が支払われません。一般的な監理職に相当するケースもありますが、管理監督者...

月60時間を超える残業代の割増率

1か月に60時間を超える法定時間外労働について、大企業の場合は50%以上の割増賃金が必要です。通常の法定時間外労働で、25%以上と定められている割増...

この相談に近い法律相談

  • 残業代について。どうしたら良いのですか?

    前職に残業代を3度請求したのですが、1度、社長から脅されました。2度目は連絡なし、3度目もまだ、連絡ありません。どうしたら良いのですか?

  • 即日解雇 残業代未払い。どうしたら良いでしょうか?

    入社して2ヶ月がたち風邪をひき会社を4日間休みました。風邪をひいた初日は連絡したのですが、その後は連絡出来ない状態でした体調も良くなり出勤しましたが連絡しなかったとのことで昨日付けで解雇と言われました。その時は分かりましたと帰りましたが、納得がいかず会社に解雇手当と1日三時間の残業代2ヶ月分、計123時間の請求の通知...

  • 残業代について。どうしたら良いですか?

    前職に請求書を3回出したところ、3回目に代理人の弁護士を立てて代理人が事実上の確認をして、すぐに結果が出るから待ってくれと言われたので4日待っていたのですが、返答がないので連絡したところ、別の人間にはっぱをかけてやらせてるから、明日ぐらいに出るからと言われ、連絡したところ、担当の弁護士が忙しくしているから、今日の...

  • 残業代未払い請求したいのですが

    トラックの運転手をしています 残業代未払い請求をしようと思っています 証拠はほぼないような状況です タイムカードはなく、運転記録簿も『6:30~17:00、休憩2時間』と書かされています 実際は平均6:30~18:45位で休憩は何時かかって来るかわからない電話待ち状態です(休憩時間の電話待ちは社長との会話録音済み) 出向先に退勤票...

  • 40時間以降の残業代の年末払い

    知人の事業所では、月40時間以上の残業代は、年末に一括で払うとのルールになったらしいです。 この決め事は法律に違反しないのですか? 40時間以降の残業代は年末に払う。 40時間までは、当月分の給料で払う。 とのことです

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

残業代の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 酒席で会社から「解雇宣告」、「言った」「言...
  2. 改正「介護休業法」で取得の要件緩和…働く人...
  3. 「ほっともっと」店長は「名ばかり管理職」…...
  4. 「今日も会えて嬉しい」上司が恋愛感情むき出...
  5. 「会社員前提」の壁、乗り越えるための繋がり...
  6. まるで「道具扱い」、買い叩かれるクラウドワ...
  7. 「会社勤めはイヤ」自由な働き方の裏側にある...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

イチオシの弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。