ベストアンサー

残業代の請求を無視されているのですが対応を教えていただけませんでしょうか?

1、昨年度、変形労働時間制(一年単位)の36協定を締結していないにもかかわらず、所定労働時間が変形労働時間制のままなので、所定労働時間と実働労働時間を再計算してほしいと問い合わせしているのですが、返答がございません。

2、就業規則に「定時後、一時間以上の残業を見込む場合30分の休憩をとることができる」と記載されているのですが、17時30分から18時が休憩時間のため、残業時間に含まれないと言われています。
今回、従業員全員が初耳であり周知義務を怠っているとも伝えています。
違法ではないのでしょうか?
各々担当を持っているので、その時間に休憩をとることは無理です。
*8時30分から17時30分が就業時間です。 形態:商社 営業所員数:15名 1月決算

1、2に関して、ご教示いただけますようお願いいたします。
相談者(424282)からの相談
2016年02月09日 20時33分

みんなの回答

鈴木 祥平
鈴木 祥平 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
1.については、会社側で計算をしてくれないのでれば、タイムカードや勤務時間の履歴を基にご自身で計算をして、その計算に基づく残業代を請求してみてはいかがでしょうか。会社の側が自ら残業代を払わなければならなくなるような作業をやってくれるとはなかなk考えられないと思われます。

2.の就業規則の点については、周知性の問題も当然ありますが、それ以外に「休憩をとることができる」と書いてあるだけです(17時30分から18時までの30分が休憩であると定められているわけではない)。休憩を実際とっていないのに、17時30分から18時までの30分休憩をとったことを前提に計算するという会社側の主張は難しい主張であるといえるでしょう。

2016年02月10日 11時47分

相談者(424282)
早速の回答、ありがとうございます。

1に関しては作成してみたいと思います。
2に関しては今後どのように交渉していけばよいか、ご教示いただければと思います。
宜しくお願いいたします。

2016年02月13日 16時27分

鈴木 祥平
鈴木 祥平 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ありがとう
【質問】2に関しては今後どのように交渉していけばよいか、ご教示いただければと思います。

【回答】交渉の仕方ということでしょうか?、特に決まった交渉の仕方があるわけではありませんが、会社側の主張については、おそらくご自身で交渉しても揺るがないと思います。ですから、当職が述べたように「休憩をとることができる」と書いてあるだけで、17時30分から18時までの30分が休憩であると定められているわけではないので、その主張は難しいのではないかということを話をするほかないでしょう。

2016年02月16日 10時20分

この投稿は、2016年02月09日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

裁量労働制で働いている場合の残業代の計算方法

「自分の未払いの残業代がいくらか」を計算するためには、自分の勤務形態や労働時間、残業時間を正確に把握して計算する必要があります。この記事では...

未払い残業代を正確に計算するために勤務形態を確認する方法

未払いの残業代を会社に支払ってもらいたいと考えている場合、「フレックスタイム制」や「裁量労働制」など、自分の勤務形態を確認することで、未払い...

歩合制の給与の考え方と残業代が発生するケース・計算方法

実力主義を強く反映した「歩合制」を導入する企業は少なくありません。歩合制に対して、「成果がなければ給与もゼロでも仕方ない」「どれだけ残業して...

「フレックスタイム制」出社・退社が自由でも残業代が発生するケースは?

始業・終業の時間を、労働者が自分で決めることができるーー。「フレックスタイム制」は、その名の通り柔軟な働き方を実現する制度です。一方で、どん...

フレックスタイム制で働いている場合の残業代の計算方法

「自分の未払いの残業代がいくらか」を計算するためには、自分の勤務形態や労働時間、残業時間を正確に把握して計算する必要があります。この記事では...

この相談に近い法律相談

  • 変形労働制だか、一週間の労働時間が45時間を越える場合違法ではないのか?

    就業規則について。 変形労働制(月単位で定時が変わります。)をとる企業に務めています。 一週間の労働時間が45時間を越えることがありますが問題ではないのでしょうか? 土日祝日休みで変形労働制のため、営業日によっては1日の労働時間(定時)が10時間の時もあります。 また、見なし残業45時間が含まれており、実際には見なし残...

  • 雇用期間の定めのある労働契約について

    雇用期間の定めのある労働者です(半年毎の契約)1日8時間+残業 週5日 時給で働いています 1日7時間契約になっています (7時間契約にすると有給休暇取得の際 時給×7時間 分の 日当になるので会社にとっては都合がいい)ですが一日7時間労働で仕事が終わる日は週1日あるかない かです <質問①> ほぼ毎日8時間以上働...

  • 月平均所定労働時間の計算についての質問2つ。お願いいたします。

    残業代の算出について2つ質問です。 所定労働時間7時間の会社に勤務しています。会社の年間休日数は125日です。残業代は法定内残業は月給に含まれており、1日8時間以上の労働分のみ支払われます。 ①残業代の計算に必要な月平均所定就業時間について会社に質問したところ、8時間×20日=160時間と言われました。所定労働時間が7時間...

  • 専門業務型裁量労働制における残業代の計算について

     以下のような労働条件および就業をした場合の残業代の計算について、  教えてください。  1.労働条件   ・1日の所定労働時間 8時間   ・みなし労働時間 9.5時間   ・月給に30時間分の定額残業代を含む   ・休日は土日と祝日     2.就業内容   ・例えば3月など平日の日数が多く、例えば22日間の就業日が...

  • 残業代と給与減額について

    現在、特定派遣(自社と正社員として働いています。)で客先に出向して業務しています。 まず、以下の前提があります。 ・自社の所定労働時間は168時間です。 ・自社の定める残業代が支払われる労働時間は、月の労働時間が180時間を超えたところからになります。 ・給与形態は、年俸制(15ヶ月分を12ヶ月に分けて支払われています。)...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

給料・残業代請求に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

残業代の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。