社長に直談判するため、時間外労働と有給休暇の繰り越しについて、至急教えていただきたいです。

公開日: 相談日:2022年04月19日
  • 1弁護士
  • 5回答

【相談の背景】
今働いている会社の就労時間は平日9時から18時までです。
去年の10月頃から「18時に日報を書いて、18時半までは帰ったらダメだ」と社長から命令されました。
とりあえず12月末まではこの体制で行くと言われたので、仕方なしに従っていましたが、今日、新入社員が日報を書き終えて退勤した時に、総務課の次長が「何で帰ったの?30分までは居させないと」と言ってきました。
私が「18時以降に日報書いてました。終わったから帰ったんです」と説明しても、顔をしかめていて、納得していない様子だったので「就業時間は18時までですよね?」と確認しました。
そしたら次長から「でも30分は残業させることが出来るから、問題はない」と言われました。そして「1分単位で残業代を貰いたいなら、直接社長に言えば良いでしょ」と言われました。
私たちは今まで一切時間外手当は貰っていません。ハローワークやリクルートサイトには残業なしと謳っているのに、実際は無償の時間外労働が発生しています。
また、朝の清掃を8時50分までに終わらせて業務に取りかかるよう、総務から業務命令のメールが毎月来ます。
有給休暇も繰り越しはなく、半休などの制度もありません。
法律を守らない割に、社員に対して変な規則を押し付けてくるので、信用できなくなりつつあります。

【質問1】
就労時の契約書には就労時間が9時から18時と記載があります。
9時前と18時以降の労働時間は時間外手当が発生するのではないですか?

【質問2】
会社が残業させることが出来ると言っていますが、これは無料で仕事をさせられると言う意味なのでしょうか?

【質問3】
もし、時間外手当が発生するのであればいつまで遡って請求することが可能でしょうか?

【質問4】
有給休暇は繰り越し可能なはずですが、遡って繰り越しして貰うことは可能でしょうか?

1136881さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 和田 史郎 弁護士

    注力分野
    労働問題
    タッチして回答を見る

    質問1
    1日8時間を超える労働時間は、時間外手当(残業代)が発生します。
    質問2
    そんな訳はありません。
    ご記載の内容でいえば、朝の掃除や1800〜1830までの時間は、会社の命令ですので、残業となるでしょう。
    質問3
    2020年3月の労働までは2年、それ以降は3年が時効になります。
    質問4
    労基法115条により、有給休暇の時効は2年となっております。
    会社が認めないと言うのであれば、労基法違反です。

    残業代にしろ有給休暇にしろ、労基署や弁護士に相談して対処するのが良さそうです。

  • 相談者 1136881さん

    タッチして回答を見る

    現在、社員が社長込みで8名です。
    また、給与も年俸制ですが、これらが残業代が払われていないことと関係するのでしょうか?会社の規模、給与形態が残業代の未払いとは関係ないかと思うのですが、違うのでしょうか?

  • 和田 史郎 弁護士

    注力分野
    労働問題
    弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    いわゆる固定残業制の場合は、給与や年俸に組み込まれていることになりますが、そうでなければ、残業は残業です。
    会社の規模は関係ありません。

  • 相談者 1136881さん

    タッチして回答を見る

    2019年に入社した時の有給休暇は15日でした。しかし翌年以降、有給休暇が何故か10日に減らされ日数が増えていません。
    こんなことはあり得ることなのでしょうか?

  • 和田 史郎 弁護士

    注力分野
    労働問題
    タッチして回答を見る

    有給休暇は、勤続年数によって、付与日数が労基法で定められています。
    残業の件も含めて、労基署に相談されるのが良いと思いますよ。

  • 相談者 1136881さん

    タッチして回答を見る

    本社が韓国にある、日本支社なのですが、あくまでも日本で働いているので、この場合は日本の法律が適用されるという認識で間違いないでしょうか?

  • 相談者 1136881さん

    タッチして回答を見る

    社長との話し合いをしたのですが、やはり納得できませんでした。
    残業について確認したのですが、「説明したかは曖昧だけど、給与の中にみなし残業代20時間分が含まれてるし、最近入社した子達には説明している」と言われました。雇用契約書にはそのような文言は一切なく、どこを見てもみなし残業や残業代については記載されていません。「時間外労働はあり」とはなっていましたが、36協定も結んでないですし、入社以来そのような説明は一切ありませんでした。
    有休のことも確認したのですが、今後整備すると言われただけで終わりました。
    やはり労基に相談するか、弁護士さんに依頼するしか解決方法はないのでしょうか?

  • 和田 史郎 弁護士

    注力分野
    労働問題
    タッチして回答を見る

    みなし(固定)残業は、通常の労働時間に対する賃金と固定残業部分が明確に区別されていて、固定残業として設定された分を超える場合には、超えた分の残業代が払われる仕組みがなければ無効です。

    ご記載のような状況だと無効を主張していける可能性が十分にあると思います。

    ご自身で交渉してもラチがあかないのであれば、弁護士に相談することを検討するのが良いかも知れません。

この投稿は、2022年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す