弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

残業 : 過重労働やサービス残業など残業トラブル

労働条件を定めていなければ、いくら残業させても文句は言えないんですか?

私の母が働いている個人医院には「雇用契約書」「労働条件通知書」「就業規則」その他、業務時間であるとか、労働条件が記載された書面が交付されていません。何度も交付を求めてきましたが、改善されず2月で退職しました。

そこでいくつか気になることがありましたので質問させていただきます。

1.労働条件が書いてあるものがなければ、残業時間というものはカウントされず、いくら働かされても許されるのでしょうか?(他の従業員が労基署に相談しに行ったところ、「労働条件通知書がなければ、求めるのは難しい」と言われたらしいですがそんな事まかり通るんでしょうか)

2.母は疑問を持って自分で出退勤時刻をつけていますが、ある月では80~90時間ほど残業をしています。しかし給与明細には時間外労働の賃金が0と書かれています。退職後、お抱えの労務士が出してきた離職票には「40H/W」つまり1週間に40時間労働とご丁寧に描かれていました。明らかな嘘です。私の母は多い時だと17時間休憩なしを2日連続で働かされた日もあったんですから。これは違法にはならないんでしょうか?

3.退職後でも労働条件通知書の交付を求めることはできるんでしょうか?
1 労働条件の書面の有無を問わず、残業は残業で残業代の請求もできます。

2 未払い賃金として違法だと思います。未払いの残業代を請求したらどうでしょうか。

b4_ea05さん
2018年04月03日 19時50分

みんなの回答

波多野 進
波多野 進 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府10 労働問題に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう

2018年04月03日 20時00分

この投稿は、2018年04月03日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では11,306名の弁護士から、「給料・残業代請求に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 労務(残業)の取扱いについて

    労務についてです。 1休み時間を1時間設けており、何度も1時間休んでくださいと伝えていますが、 食べながら仕事をして、1時間休んでいないので、残業代としてくださいといわれます。 何とかならないでしょうか。 2弊社は10時以降の残業については、上席に申請書をだして許可をえた上で残業するという 社内ルールが存在します...

  • 残業と労働法の制度に関して

    知人が 「仕事の出来る人は定時に帰り、仕事の出来ない(遅い)人は残業をして残業手当を貰う現行の労働法はおかしい」 というようなことを言っていました。 労働法はこのような矛盾とも思える事態解消のための説得的な制度根拠のようなものを持っているのでしょうか?

  • 労働審判、残業代請求について

    労働審判、残業代請求について。 明日第1回目の労働審判を控えております。 未払い残業代請求です。 総額300万ほどの請求です。 既に会社を退職をしております。 ①在職中はどれだけ働いても基本給のみの支給で、給与明細も基本給のみの記載でした。 残業代請求して負けることはあるのでしょうか? タイムカードは全てあり、...

  • 残業手当。これは労働基準に違反していますよね?

    主人は某ファミリーレストラン飲食店で料理長をしています。今年に入ってから残業時間をつけなくなり、今までに比べてお給料が4万~5万も違い家計が苦しくなっていて…去年までは朝は8時~9時に家を出て帰宅は夜中の2時3時が当たり前、休日も、たまに出たりしていて今までは残業手当をしっかりもらっていたから、あまり何も言わず体の...

  • 時間外労働(残業)時間と手当てについて。

    雇用契約書(通知)において就業時間9:00~17:00残業有りと明記されている場合に、17時以降働いた場合の時間外(残業)とは何時から適用されるのでしょうか、例えば9:00~18:00まで1日と9:00~19:00までの1日の二日間の場合、17時以降の1+2の3時間になるのか、実働8時間以上の1時間のみになるの...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

残業の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 日本郵政、正社員の手当廃止で論議…梅田弁護...
  2. 夜明け前から読経準備、お坊さんは修行者or労...
  3. 労組がHPに掲載した「管理職のセクハラ告発」...
  4. 若手アニメーター「独立して生計を立てるのは...
  5. 過労死した「いなげや」男性従業員の遺族が提...
  6. ブラック企業大賞「来年は裁量労働制が焦点」...
  7. レッスン料天引きで報酬ゼロ、事務所やめられ...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。