中小企業に対する残業の割増請求

未払い残業代を請求したいのですが、勤務先が中小企業(資本金5千万円以下、従業員数50人以下)の小売業です。
中小企業の場合は時間外、深夜、休日労働などの割増しが免除されてるとのことで割増は請求できないと聞いたのですが割増分は請求できないのでしょうか?
相談者(171096)からの相談
2013年03月31日 10時39分

みんなの回答

八坂 玄功
八坂 玄功 弁護士
弁護士が同意1
ありがとう
2010年4月施行の労基法改正で月60時間を超える残業代の割増率が上がりました。
中小企業に対する適用除外は、上記の労基法改正に関わる部分です。
それ以外の基本的な割増賃金については、中小企業であることを理由とする適用除外はありません。
一定の種類の零細な事業場については、法定労働時間が週40時間でなくて44時間となる特例はあります。

2013年03月31日 10時53分

この投稿は、2013年03月31日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

会社からの残業を命じられても拒否できる場合とは

会社は従業員に対して、自由に、無制限に残業を命じることできるわけではありません。会社が従業員に残業を命じるには、一定の条件をみたす必要があり...

【人事労務担当者向け】裁量労働制で働いている従業員から残業代を請求された場合に確認することと残業代の計算方法

従業員から未払い残業代の支払いを請求されとき、「支払う必要があるのか」「いくら支払う必要があるのか」を判断する上で、勤務形態や勤務時間を正確...

【人事労務担当者向け】固定時間で働いている従業員から残業代を請求された場合に確認することと残業代の計算方法

従業員から未払い残業代の支払いを請求されとき、「支払う必要があるのか」「いくら支払う必要があるのか」を判断する上で、勤務形態や勤務時間を正確...

【人事労務担当者向け】歩合制の従業員から未払いの賃金や残業代を請求されたときに確認するポイント

歩合制で働いている従業員から未払い賃金や残業代を請求された場合、「適切な保障給が支払われていたか」「従業員が主張するように残業が生じているの...

【人事労務担当者向け】フレックスタイム制で働いている従業員から残業代を請求された場合に確認することと残業代の計算方法

従業員から未払い残業代の支払いを請求されとき、「支払う必要があるのか」「いくら支払う必要があるのか」を判断する上で、勤務形態や勤務時間を正確...

この相談に近い法律相談

  • 残業代請求したのですが

    先日、2ヶ月前に退職した会社に残業代31日分(約87時間で126,541円)請求したのですが、営業手当名目で法所定の計算による割増賃金以上を払ってるので請求に応じられないとの事でした。(賃金規定第2条ニ明記との事)給与は月給で基本給190,400円と営業手当89,600円でした。 就業規則も見せていただいたわけではないので...

  • みなし残業代の割増について

    会社に対する未払い請求を考えており、 みなし残業代の割増について伺いたい事が2点あります。 1、就業規約に記載されている月の固定残業時間内であれば、深夜等の割増計算は不要でしょう か? 2、月の固定残業時間を超過した場合の残業代の基本的な計算は、時給×1.25(×割増) でいいでしょうか?

  • 民法703条不当利得による残業代請求

    退職の意思表明時会社から今までの残業代を支払うと伝えられました。 下記を考慮のうえ、ご回答をお願いいたします。 ①入社は2009年8月 ②2012年10月より、残業代が会社より支給されるようになりました。但し残業代申請用紙を記入し、30分単位で支給。 ③月に8回以上夜勤があるが、夜勤代は支給されない。 夜勤は日勤を2回したものと...

  • 一律手当ての残業代は違法ですか?

    平社員の次の営業主任です。営業手当てで 2万ついて残業代0円なのですが、月に平均60時間 多い時は80時間以上+2ヶ月に1回休日出勤強制 会社は手当て付けてるし、ボーナスに加算してます! との事ですが、違法ですか?請求出来ますか?

  • 残業代の時効と不当利得返還請求権の時効

    残業代の時効と不当利得返還請求権の時効について質問です。 就業規則で(基本給÷20日÷8時間)×1.25×時間外労働時間と記載されています。 今から5年前に給与で残業代計算に間違い(1年間)がありました (基本給÷19日÷8時間)×1.25×時間外労働時間 そうすると給与過払いで会社が私に対してまだ時効ではない不当利得返還請求権によっ...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

給料・残業代請求に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

残業の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。