地方公務員法の特別職と兼業の関係について

地方公務員法第3条で、地方公務員は一般職と特別職に分けるとされ、さらに同法第4条で 「この法律(地方公務員法)の規定は、法律に特別の定めがある場合を除く外、特別職に属する地方公務員には適用しない。」 としています。特別職として掲げる職として第3条3号3項の規定で 「臨時又は非常勤の顧問、 参与、 調査員、 嘱託員及びこれらの者に準ずる職」 とされていますが、「非常勤嘱託員」の辞令により勤務する者は、特別職に該当し地方公務員法の適用を受けず、また市の嘱託員職務要綱にも兼業禁止がうたわれていない場合には、地方公務員法第38条が適用されないことから、兼業可であると判断してよいのでしょうか。
ちなみに任期付職員については、同法第3条3項の特別職に該当しないために、同法が適用され兼業禁止と判断して宜しいでしょうか。
2016年12月21日 23時11分

みんなの回答

黒岩 英一
黒岩 英一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 長崎県1
ベストアンサー
ありがとう
個別の契約内容にもよりますので兼業可と断定することは困難です。

もしあなたが兼業を検討されておられる職員であるなら、条文だけで判断せず、責任者に確認を取られるのが安全です。

2016年12月22日 07時28分

相談者
黒岩先生、ご回答ありがとうございます。
個別の雇用契約書には兼業に関し記載がありません。
実際に兼業をしている同じ立場の者もいますが、法の扱いを念頭に置き上司の確認をとることにします。

2016年12月22日 07時56分

この投稿は、2016年12月21日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

特別公務員暴行陵虐罪とは|犯罪が成立するポイントと刑罰の内容を解説

裁判官、検察官、警察官や、これらの人を補助する人が、仕事をするにあたり、犯罪の疑いをかけられている人や起訴された人に対して、暴行などを加える...

特別公務員職権濫用罪とは|犯罪が成立するポイントと刑罰の内容を解説

裁判官、検察官、警察官や、これらの人の仕事を補助する人が、その立場を利用して、逮捕する必要がない人を逮捕したり、監禁する必要がない人を監禁す...

公務員職権濫用罪とは|犯罪が成立するポイントと刑罰の内容を解説

公務員が、その立場を利用して他人に義務がないことをさせたり、権利を行使することを妨げたりすると、公務員職権濫用罪という犯罪が成立します。この...

この相談に近い法律相談

  • 地方公務員の非常勤職員に関して。

    地方公務員の非常勤職員と労働法全般に関して、 以下の(1)〜(5)について少々疑問がありますので質問します。 地方公務員法の第3条第3項第3号にあたる地方公務員特別職の非常勤職員は、地方公務員法の第4条第2項により地方公務員法が原則的に適用されません。 ですから、 (1) 地方公務員特別職の非常勤職員は、労働三法(労働基準...

  • 公務員の副業禁止の規定は非常勤職員にも当てはまる?

    公務員の副業禁止の規定は非常勤職員にも当てはまるのでしょうか? 国家公務員法 (他の事業又は事務の関与制限) 第百四条  職員が報酬を得て、営利企業以外の事業の団体の役員、顧問若しくは評議員の職を兼ね、その他いかなる事業に従事し、若しくは事務を行うにも、内閣総理大臣及びその職員の所轄庁の長の許可を要する。 ...

  • 憲法第16条の公務員の罷免について

    憲法第16条に書かれている「公務員」には政治家等ではない非公選の公務員も含まれるのでしょうか? 第十六条  何人も、損害の救済、公務員の罷免、法律、命令又は規則の制定、廃止又は改正その他の事項に関し、平穏に請願する権利を有し、何人も、かかる請願をしたためにいかなる差別待遇も受けない。

  • 個展で絵が売れたら?

    職員は、任命権者の許可を受けなければ、 「営利を目的とする私企業の会社その他の団体の役員等を兼ね、若しくは、自ら営利を目的とする私企業を営み、または、 報酬を得ていかなる事業若しくは事務にも従事し てはならない。(地方公務員法第38条第1項) 営利企業等の従事制限は、身分上の義務であることから、勤務時間の内外を...

  • 公務員の失業退職手当の雇用保険法抵触について

    これまた別友人のものですが、この友人は臨時的任用公務員として4年間任用継続を得て勤続しておりましたが、本年度は継続がなかったものでした。 そこで、失業退職手当を支給されることになりましたが、かつての民間企業を退職した際のものと比較して支給額の少なさに気付き仕組みを調べた結果、行政事務に諸問題があることが解りまし...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 佐野SA、ふたたびストライキ決行へ「前回のス...
  2. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  3. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  4. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  5. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  6. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  7. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。