公務員 不利益処分の不服の申立て

知人の地方公務員が酒気帯び運転で物損事故を起こし懲戒免職となりました。
勤続年数35年以上での免職です。田舎で運転免許も取消され資格もなく再就職は難しい状況です。
道路交通法違反の厳罰化が強まる一方、退職金は賃金の後払い的・生活保障的な性質を持っており退職金全額不支給が裁量権の逸脱として違法と判断された例もあります。そこで質問です。
1.不利益処分の不服の申立てを行い処分が覆る可能性があるかどうか
2.不服申立ての際に、上記のような退職金全額不支給は違法と判断された判例を引き合いに出すことはできるのか(具体的な手続がわからないので的はずれな質問でしたら申し訳ございません)
2016年02月06日 11時36分

みんなの回答

齋藤 裕
齋藤 裕 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 新潟県1 労働問題に注力する弁護士
ありがとう
 こんにちは

 覆るかどうかは、勤務態度、酒気の値、酒気帯びをした経過等によるので何とも言えません

 不服申立ての過程で裁判例を引き合いに出すことは許されるでしょう

2016年02月06日 12時00分

相談者
ご回答いただきありがとうございました。
追加で質問です。不服の申立てを行うには裁判を起こさないとできないのでしょうか?
負ける可能性を考えると退職金もないのでアドバイスするににも費用の面から躊躇してしまうのですが。。

2016年02月19日 21時17分

この投稿は、2016年02月06日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 財産分与(退職金の取扱いについて)

     「退職金は、賃金の後払いの積み立てという性格をもつもの」と回答がありましたが、国家公務員の退職金については、積立金とはなっていません。但し、年金については長期掛金の中で積み立てられております。  ですから、別居時に仮に退職した場合に支払われる退職金は存在していないので、分割することは出来ません。積み立てられて...

  • 退職金の減額は許されますか?

    退職金規程の変更があります。現在は、勤続年数に比例して、金額が決まっています。自己都合退職は定年の6割支給です。例えば、現時点で退職すると、60万円もらえますが、規程の変更後は計算方法が変更になり、減額になる可能性があります。これは違法ではないのでしょうか?

  • 退職金支払における労働慣行の成立について

    この度退職しましたが、今まで貰えると思っていた退職金の額が勝手に減額されていました。 1.就業規則に則ると、退職金は約100万円であり、この額を受け取りました。 2.一昨年以前に退職した人は、例外なく就業規則の2倍の金額が貰えていました。 3.去年以降に退職した人は、例外なく就業規則通りの金額になっています。...

  • 個人再生と転職を同時に考えたときの質問です。

    借金が約1100万で個人再生を考えていますが、事情があり、できるだけ早い段階で転職したいと思っています。 職種として転職後も5~6万程度の返済は可能と思われ、5分の1程度まで圧縮できれば遅滞なく返済可能です。しかし、長年勤めた会社で退職金も600万程度出ると思われ、退職金の支給時期によっては弁済額が大きく変わってしま...

  • 別居後15年以上先の退職金の蓋然性について

    退職まで15年以上もあるのになぜ家庭裁判所は高度の蓋然性がある場合は、将来受け取るであろう債権未確定の退職金を財産分与にすると断言できるのでしょうか?なぜ、断言できるのであれば、雇用主に対して財産分与相当額の債権未確定の退職金を支払うよう命じないのでしょうか?これは素人考えですが、おかしいのではないのでしょうか?...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  2. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  3. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...
  4. ドイツに出向、残業100時間超で精神疾患に…現...
  5. しゃぶしゃぶ鍋事件、被害男性「熱い鍋より、...
  6. 私学教員の部活指導など、「明確な指示」なく...
  7. タイムカード打刻「15分単位」で切り捨て…薬...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。