業務委託の 値引き要求 及び 分割払いの要求について

業務委託契約にてA社のお店 2店舗を運営しています。

その 2店舗の運営について
売り上げ不振の改善、スタッフの入れ替え要求に対し即時に対応が出来ない事に対し
以下 2点の要求をされています。

1.決められた報酬の 値引き要求
2.報酬の分割払い

理由については
1、については スタッフに対して 金額が見合わないから
2、営業期間中に、はじめに用意した商品だけでは売上を作れなかったので増量の為 買い付けにお金を使ってしまい お金が足りない

その他 理由として
売上を上げる為の 取り組みとして
何か取り組んで欲しいと提案を求めたが
弊社が 何か案を出し 実行しなかった事

また、商品を買い増ししたのは
売上を取れないのは スタッフの責任だと
言っています。

弊社としてな 報酬は人件費にあたる為
支払いがないと 給与を支払えない可能性もある為、困る旨を伝えていますが

要求を飲めなければ
支払いをしてこない 空気を出してきています。

そこで 先生方に ご質問です。

1.もし弊社が要求を飲まなかった場合 先方が報酬を支払わない理由になるのでしょうか

2.支払いがない場合 スタッフに給与を支払えない可能性があります。その責任を先方に求める事は可能でしょうか

以上 宜しくお願い致します。
2019年05月28日 15時27分

みんなの回答

松尾 裕介
松尾 裕介 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ありがとう
1.もし弊社が要求を飲まなかった場合 先方が報酬を支払わない理由になるのでしょうか

業務委託契約書の定められた報酬の値引き要求や報酬の分割払いの要求を飲まなかったとしても、相手方は依然として報酬の支払義務を負うことになります。

2.支払いがない場合 スタッフに給与を支払えない可能性があります。その責任を先方に求める事は可能でしょうか

業務委託契約書の内容にもよりますが、貴社がスタッフに対する給与の支払義務を負っている場合には、給与を支払えない責任を先方に求めることは難しいと考えられます。

2019年05月29日 16時56分

この投稿は、2019年05月28日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,504名の弁護士から、「労働問題に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

正社員のはずなのに「業務委託契約」を求められたときの注意点

「正社員として入社すると思っていたのに、契約書には『業務委託』と書かれていた」「正社員で入社したのに、途中から業務委託に切り替えてほしいと求...

請負や業務委託でも労災の補償を受けられるケースとは

通勤中や勤務中にケガをしたり、長時間労働でうつ病を患うなど病気にかかったりしてしまった場合、会社の従業員であれば労災保険から治療費を補償して...

この相談に近い法律相談

  • 業務委託での派遣スタッフについて

    業務委託で携帯ショップに人材を入れてます。店舗との詳細な契約書は交わしてませんので、明確な契約条件はありません。 上記の状況で店舗から人の交代を要望された場合一般的に応じる必要はありますか? 応じる必要はありませんか? 専門家の意見をお願い致します。

  • 業務委託の報酬について

    A社と私個人で業務委託契約をしていますが、 別のB社の社員となり、B社の会社口座へ報酬を振り込んでもらうことは法的に問題がありますか?

  • 業務委託契約での業務期間中の価格値下げ要求

    業務委託契約で契約期間中に、金銭的に明確な損害を与えたわけではないレベルでのトラブルに対して強烈な値引き交渉を受けています。発注元、弊社の関係上では下請法(発注元が資本金1000万以上、当方は資本金1000万以下)です。契約は12月末までですが、現状の発注元の対応だと、未払い対応してくるなどの対応をしかねない企...

  • 業務委託費の大幅引き下げ要求について

    企業研修に関して、研修会社から業務委託を受けて実施しています。 今まで(5年間ほど)は、委託先が客先に請求する金額の50%を研修実施の報酬として受け取っていましたが、先般、委託先から一方的に50%を段階的に35%にするとの連絡を受けました。 これは、下請法の不法減額とか、独禁法の役務委託における優位的地位濫用の...

  • 業務委託契約していない業務を社長の私に無償で仕事を要求されています。

    取引先から、業務委託契約締結しました受託業務以外に関して、社長であるわたくしに無償で仕事をするように、要求されています。 請負では、ありません。 最低賃金は、確保したいと思いますが、法律上はどうなのでしょうか?

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

業務委託の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  2. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  3. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...
  4. ドイツに出向、残業100時間超で精神疾患に…現...
  5. しゃぶしゃぶ鍋事件、被害男性「熱い鍋より、...
  6. 私学教員の部活指導など、「明確な指示」なく...
  7. タイムカード打刻「15分単位」で切り捨て…薬...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。