委託会社の報酬未払い、一方的な企画破棄。しかしその後、業務再開依頼あり。依頼拒否の場合の法的リスク

公開日: 相談日:2021年08月07日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

【相談の背景】
私はフリーランスの広告作成業を行っています。報酬形態は広告からの売上の10%の成果報酬です。これまで契約書は昨年に業務委託契約書を作成し、契約終了の意思表示が互いにない場合は昨年定められた期間が1年間延長されると記載されています。

今回の問題は、

①当該委託会社に私へのいくつかのプロジェクト分の報酬未払いがあること。(私は同意していませんが先方の身勝手な解釈でボランティア業務扱いとされています。)

②数ヶ月かけて私が作成し9割がた仕上げ納品した物を相手都合で使用拒否しお蔵入り。しかし、なぜか3ヶ月後の今回、そのプロジェクトを再開したいと申し入れがある。私は新規契約をしないと業務を再開したくない。

私は上記2点よりその委託会社へかなり不信感を強めたため、一度相手都合でお蔵入りにされた業務を再開する場合は、報酬アップも視野に入れて新規プロジェクト用として新しく契約できなければ不可という考えです。

しかし、その委託会社は現契約書を継続させたいようです。私はまた勝手に無償労働扱いし未払いにされたり、また一方的に企画を放棄される可能性があるため、極力もうその会社とは取引したくありません。

その場合②のケースについて、未払金があったり1度お蔵入りにされた企画とはいえ、私が業務を中途解約した場合、それは業務不履行にあたりますか?また委託会社は私への損害賠償請求は法的に認められますか?

【質問1】
複数の報酬未払い委託会社。さらに一度相手先都合でお蔵入りされた業務を再開依頼が来ました。再開拒否した場合、法的リスクはありますか?

1052543さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 辻 真也 弁護士

    注力分野
    労働問題
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    お困りのことと思います。

    >②のケースについて、私が業務を中途解約した場合、それは業務不履行にあたりますか?
    >委託会社は私への損害賠償請求は法的に認められますか?

    →相手方に報酬の未払いがあるということであれば、
    ・ご相談者は、委託会社の「債務不履行」を理由に業務委託契約を解除することができ、
    ・契約解除後は、中断したプロジェクトの再開を拒否しても、ご相談者の債務不履行にはなりませんし、委託会社がご相談者に損害賠償請求をすることもできません。

    ご記載の事情からすると、ポイントは、
    ・法的に未払いがあるかどうか
    になる可能性が高いように思います。

    契約上定められた報酬は、
    >広告からの売上の10%の成果報酬
    とのことですので、
    >先方の身勝手な解釈でボランティア業務扱いとされています
    という点が、
    ・具体的にどういった内容、事情なのか
    ・ご相談者の考える報酬と、委託会社の考える報酬が、どのような認識の違いで、どの程度の金額異なるか
    を、可能な範囲で整理すると良いでしょう。

    ご参考になれば幸いです。

この投稿は、2021年08月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す