二次請け先に未経験技術者を労働者派遣した場合

法的に問題があるか教えてください。

・私の会社から二次請け先に、未経験技術者を『労働派遣』した場合、法に触れますでしょうか。
〈前提〉
A社⇔弊社(元請け)⇔B社(二次請け)
※三社間それぞれの契約はすべて『準委任契約』の場合としています。

『準委任契約』、『請負契約』で見解が異なるようであればそれも交えてアドバイス下さいませ。
2018年07月17日 12時41分

みんなの回答

藤川 久昭
藤川 久昭 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都5
ベストアンサー
ありがとう
詳しい事情がわからないので、一般論としてご回答いたしますと、労働者派遣法上の「労働者派遣」に法的にあたるならば、労働者派遣法の規制をうけます。本件では、子細な分析と慎重な対応が必要です。どうしても不安であれば弁護士等に相談して下さいね。弁護士等への相談によって、良い知恵が得られる可能性が高いと思います。良い解決になりますよう祈念しております。

2018年07月20日 00時28分

この投稿は、2018年07月17日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,794名の弁護士から、「労働問題に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 一般派遣免許と準委任、請負契約について

    現在あるお客様先と準委任契約、または請負契約で業務を行うための契約を準備しています。 一方当方は一般派遣免許を持っていないのですが、この場合準委任や請負契約を結ぶこと自体問題となりますか? もちろん偽装請負とならないよう、指揮命令の明確化、現場責任者の常駐など必要な対応は行うことが前提となります。

  • 準委任→準委任→客先1人常駐について

    A:ある労働者(1名)が雇用されている会社 B:A社との準委任契約で、この労働者の供給を受けている会社 C:B社から準委任契約で、この労働者の供給を受けていて、かつ実際に働いている会社 上記関係の場合、この労働者がA社から1人でB社へ供給されて、さらにB社からC社へ供給されて、C社内で働くB社に所属する管理...

  • 二重派遣?(派遣労働者を派遣先が他社に準委任として就業させる)

    A社と雇用契約を締結した従業員を派遣契約に基づきB社に派遣し(指揮命令はB社)、 その従業員を準委任契約に基づきC社で業務をさせる(指揮命令はB社) というスキームは、二重派遣にはならないでしょうか? また、B-C間の関係が請負の場合(指揮命令はB社)も同じ結論でしょうか? A(派遣元)→ B(派遣先)   ...

  • 準委任契約(業務請負)における勤怠管理について 派遣先企業の社員が管理していいのか?

    準委任契約で自分の会社へ来てもらって働いてもらっているのですが、その労働者のタイムシートにサインしたり、残業の必要性に関する相談および承認、休暇申請の承認までするように、会社から指示されています。派遣契約ではないのに、こんなことまで派遣先企業の人間がしていいのか疑問に思っています。準委任でも、契約内容によっては...

  • 二重派遣違反について

    IT関連の会社です。 弊社(準委任)→上位会社(準委任)→ベンダー(請負)→ユーザー の商流(弊社の認識)で弊社の技術者を常駐させていました。 ところが、実際には以下のような商流であることが分かりました。 弊社(準委任)→上位会社(派遣)→ベンダー(請負)→ユーザー そこで先生方に2つ質問が御座います。 質問1. 判明した商流に...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  2. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  3. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  4. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  5. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  6. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  7. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。