弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

派遣 : 派遣社員に関するトラブルや法律相談

派遣社員を直接雇用(派遣法33条)

派遣契約終了後の、直接雇用に関する質問です。

特定26業務の派遣さんとして来て下さっている方が優秀なので
派遣契約が切れる春ごろを目処に、直接雇用を考えています。
派遣法33条の頭がありましたし、派遣期間も1年半になるタイミングでの切り替えなので
おつきあいのある派遣会社に対してそんなに大きな不義理には
ならないかな、など思いをめぐらしていましたが、契約書の裏に
「特約事項」というのが書かれていて、その中に以下記載がありました。

「紹介予定派遣契約を締結してない場合で派遣期間中もしくは契約終了直後に、
派遣先が派遣スタッフを採用する場合には、事前に派遣元に通知し、
別途職業紹介の手続きを取り、紹介手数料を払うものとします」

これは確かに33条で言うところの、
直雇用を「禁ずる旨の契約」ではないですが、紹介料が発生するなら
派遣のまま現状維持で、という思考に落ちることも容易に想定でき
その場合は十分に直雇用の妨害とも言え、
33条に抵触するのでは?と思うのですがいかがでしょうか?

希望としては派遣会社にこの文言を削除してもらいたいですが、
この派遣会社は大手で、今までもこれからもお世話になることから、
なるべく円満にことを運びたい…しかし、
手数料は出せない(だったら現状の派遣契約のまま)…と言った状況です。

アドバイス宜しくお願いします。
33条に抵触するのでは?と思うのですがいかがでしょうか?

契約書の裏の「特約事項」が、派遣先が派遣スタッフを採用する場合には、事前に派遣元に通知し、別途職業紹介の手続きを取り、紹介手数料を払うことを、派遣先に強制しているとしたら、33条に抵触していると思います(派遣先が任意にそうする、というのであれば、構わないと思いますが)。

youka1さん
2015年02月05日 13時49分

みんなの回答

村上 誠
村上 誠 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都8
ありがとう

2015年02月13日 14時05分

この投稿は、2015年02月05日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 派遣社員から直接雇用になる為には

    派遣で働いています。 もう45歳になり先々がとても不安です。 4月から新たな派遣法での契約となり 最長3年で契約は終了との事でした。 直接雇用になる為には 派遣元が派遣先に直接雇用?にする為のお金を支払わないと直接雇用にはならない それは法律で決まってる事なのでと言われました。 紹介予定派遣ではないのですが それ...

  • 派遣の紹介(?)について

    はじめまして 先日、派遣会社にて職業紹介を担当している叔父から 「お前にやってもらいたい案件があるんだけど、ウチに登録してやってくれないか?」と紹介されました。 単刀直入に聞くと、このような形での紹介というのは問題ないでしょうか? 個人的には興味もあるし、仲の良い叔父からの紹介だったこともあり既に働いてはいる...

  • 派遣社員の雇用の変更について

    派遣社員として働いていて、派遣会社と契約のやりとりをしていたはずが、ある日、派遣先の社員から途中でこれにすぐにサインしてと言われ、書類にサインを求められました。派遣先の管理の下で働くというような内容の契約書でした。 本人としては、その時は給与に違いがないのでまあいいかと思ってすぐサインしましたが、派遣社員で期間...

  • 派遣先への直接雇用請求について

    派遣先と派遣労働者は、労働契約がないのですが、 期間制限を超えた場合など、直接雇用するようになっています。 私は5号業務の契約で、5年以上努めましたが、実際は、5号の業務が9割以上あるような業務内容ではありません。(来客時のお茶くみ、配送業務等雑務がたくさんあります) 3月末で契約終了されましたが、派遣元・派遣先に納...

  • デリヘル風俗嬢の有料職業紹介を検討しています。人材派遣、業務請負、職業紹介、紹介予定派遣どれでも可

    キャバクラは申請可能のようですが、性風俗は条例で通らないと聞きました。 であれば、 ①条例が厳しくない県で申請(福岡、北海道、愛知など)は通りますでしょうか? ②イメージとしてはリクルートなどのように有料職業を取得し、運営は首都圏で行うのは問題があるのでしょうか? ③性風俗(デリヘル、箱ヘル、オナクラなど)に有料...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 残業170時間、休みほぼゼロ…自殺した医師の労...
  2. 就活「Webテスト」で替え玉、偽アカウント受...
  3. 熊本・産山村「村内に住んで」職員通勤手当を...
  4. iPad、モバイルルーター、会社支給なく「自費...
  5. 勝手に「一人フレックス」勤務、早朝出勤して...
  6. バイト出勤1時間前に「やっぱり休みで」と店...
  7. 佐川「週休3日制」導入、副業OK…労働弁護士「...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。