1. 弁護士ドットコム
  2. 労働
  3. 雇用形態
  4. 同意なく正社員雇用→業務委託扱いにされた。

公開日:

同意なく正社員雇用→業務委託扱いにされた。

2019年04月09日
2月に中途で正社員として入社した会社で、入社2日目に「税金で会社が損をするから国保に入れ」と社保をはじめ各種保険に入って貰えないと言われました。
雇用も正社員ではなく、会社都合でこちらの同意なく業務委託扱いにされました。

抗議しましたが、「税理士さんが、会社の損になるという」という言い訳をされます。
また、雇用契約書すら「忙しいから」と書いて貰えない状態が続いており、非常に困っています。
先生方には以下の2点をお伺いしたいです。

①会社を訴える場合、用意する必要があるもの
②会社を訴えた場合、勝ち目はあるか


よろしくお願いします。
相談者(785043)の相談

みんなの回答

勝部 泰之
勝部 泰之 弁護士
ありがとう
>①会社を訴える場合、用意する必要があるもの

使用者は、労働契約の締結に際し、労働者に対して賃金、労働時間その他の労働条件を明示しなければなりません(労基法 第十五条)。
労働条件通知書や雇用契約書がない場合は、求人票や採用時の説明が基準となります。
求人票の記載は直ちに労働条件となるわけではありませんが、採用前の面接や入社時の話し合いで、労働者と使用者が合意して労働条件の変更したと認められるような特段の事情がなければ、求人票の労働条件が確定したものになります(大阪高裁平成2年3月8日判決)。

まず、締結された契約が雇用契約であるという確実な証拠があるとよいでしょう。

>②会社を訴えた場合、勝ち目はあるか

何を訴えるかにもよるので一概に申し上げることは難しいですが、正社員であれば、会社から一方的に業務委託に変更することはできませんし、雇い主が社会保険の強制適用事業所であるのに社会保険に加入させないという言い分は以下の点で違法である可能性があります。

強制適用事業所の正社員なのに社会保険に加入の場合

「適用事業所の事業主は、被保険者の資格の取得及び喪失並びに報酬月額及び賞与額に関する事項を保険者等に届け出なければならない」とされ(健康保険法第 四十八条)、「第四十八条(第百六十八条第二項において準用する場合を含む。)の規定に違反して、届出をせず、又は虚偽の届出をしたとき」は、「六月以下の懲役又は五十万円以下の罰金」に処せられます(同法 第二百八条)。

2019年04月23日 19時52分

この投稿は、2019年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

正社員のはずなのに「業務委託契約」を求められたときの注意点

「正社員として入社すると思っていたのに、契約書には『業務委託』と書かれていた」「正社員で入社したのに、途中から業務委託に切り替えてほしいと求...

アルバイトが有給休暇をとれる条件…正社員に昇格しても権利を引き継げる?

有給休暇は、正社員でもアルバイトでも、一定の勤務条件を満たせば取得することができます。ただ、アルバイトとして働いている人の中には、有給休暇に...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

雇用形態の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。