傷病手当金の受給について

退職に際して、例えば12月までは年休消化、そして翌月1月は年休がない故に欠勤扱いで休み(無給)、そして1/31付で退職、という取り扱いに、会社との間で合意があるとします。

当初体調に問題は無かったのですが、例えば1月初旬に抑鬱状態と医師に診断された場合、当初1月は体調不良を理由としない欠勤という流れでしたが、無給であることと労務不能の診断あれば、1月は傷病手当金の受給は可能でしょうか?
2017年02月20日 06時55分

みんなの回答

黒岩 英一
黒岩 英一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 長崎県1
ありがとう
傷病手当の支給要件の一つとして、業務外の事由による病気やケガの療養のための休業であることが、問題となります。

そもそも休業を予定していたのであれば、「病気やケガの療養のための休業」とはいえません。

ただ、退職日に労務不能であったといえるのであれば、傷病手当が受給できる可能性はありますので、退職日に労務不能だったと医師に言ってもらえるのかをよく検討されてください。

2017年02月20日 07時05分

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1
ありがとう
12月は年休ですし、しかも退職が決まっての鬱でしたら、業務に起因することの証明が難しいかと思います。

2017年02月20日 08時03分

大谷 有紀
大谷 有紀 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ありがとう
会社との合意の有効性が問題になるでしょう。
傷病手当が健康保険上のものか,労基法上の療養補償なのか分かりませんが,年末から引き続き鬱状態であった旨の証明ができれば手当受給の可能性はあるでしょう。

会社との合意について合理的説明が必要になります。

2017年02月20日 12時51分

この投稿は、2017年02月20日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

傷病手当金とはl業務外の病気やケガで休職する場合に受けられる公的な補償を解説

業務以外が原因の病気やケガを理由に、会社を休職する場合、その間は給料が支払われないことが一般的です。ただし、一定の条件を満たす場合には、加入...

離婚した場合の児童手当の扱い

0歳から中学校卒業までの子どもがいる家庭には、児童手当が支給されます。では、受け取った児童手当を子どものために貯金していた場合、離婚するにあた...

この相談に近い法律相談

  • 病気療養での有給休暇申請と休職(無給)との判断について

    人員削減の為の説明不足の人事異動、その後の過重労働と新しい仕事への社内外からのプレッシャーにより、9月より体調不良に陥り、療養のため会社を休んでおります。 医師からはうつ病と診断され、当初、3か月は休養するよう言われ、会社に連絡をしました。  当初会社からは、病欠と有給で処理をしましょうと言われました。 あくまで...

  • 精勤手当について

    10月20日に、退職します。17日から 有給休暇を使い、そのまま退職です。今日、院長から3日以上有給休暇を使用するので、精勤手当はなしと言われました。就業規則には、そのような記述はありません。 有給休暇を消化する場合でも 精勤手当はなしになるんでしょうか。

  • 病気療養中の給料減額(諸手当)とパワハラについて

    お尋ねいたします。 私、現在うつ病により医師からの指示で長期自宅療養をしております。 今回、お伺いしたい件は、年俸制の給料であっても、役職手当、技術手当などのいわゆる固定の報酬も出勤日数によって変動(減額)するものなのか?といくことです。 (状況は以下のどおりです) 先月までは有給扱いで、給料もふつうどお...

  • 休職による昇給取り消しについて

    2014年4月に昇給後、6月にうつ病で休職の申請をしたところ、休職の条件として、昇給の取り消しを強制されました。 (厳密には「昇給取り消しに応じれば休職を考えてもいい」と言われました。) うつ病の症状が出始めたのは2007年頃から、 治療は2013年6月頃から続いており、発症・治療の経過は会社にも報告しています。 就業規則...

  • 傷病手当金の手続きについて

    身体障害者で、転職時に障害者枠で採用されています。昨年の秋頃から飲んでいた薬の効きが悪くなり、再度の調整がなかなか上手くいかず仕事も休みがちになってしまい。それが原因で色々と言われるようになり今年の8月からうつ病で休職し、12月に初めて傷病手当金を受けました。すでに10月分まで申請していたのに支給が9月分までだったの...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

傷病手当金の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  2. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  3. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  4. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  5. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  6. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  7. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。