弁護士としての行為に疑問を感じます

私は今、民事で残業代等の裁判をしてます。会社(業主は運送業)側にも弁護士がいます。
しかし裁判の中で「請負契約」等と主張し「請負だら長時間勤務だろうが、労働基準法は適応外」等、弁護士自ら主張してます。
私は会社の、ずさんな労務管理のせいで、社会保険も厚生年金も掛けてなく、給料からは雇用保険と所得税のみ引かれてました。
雇用保険を引かれていて、失業給付も受けていて、裁判の中で「請負」と主張する弁護士に対して疑問を感じます。
依頼人を守るのも弁護士の仕事なのは分かりますが、雇用保険を掛けて、法に触れる違反行為をしてまで弁護士は良いのですか?
請負なら、雇用保険はかけられないはずで、会社が請負を主張しても書類上、雇用なのですから「それは通りません」と、言うのが普通の弁護士ではないですか?この様な弁護士に対して資格剥奪を訴える事は出来ないのでしょうか?
2015年02月10日 16時21分

みんなの回答

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1
弁護士が同意1
ありがとう
具体的に特定の弁護士を良い悪いとは言えませんが、弁護士は依頼者の主張を真実として、そのために全力を尽くすものです。

2015年02月10日 16時26分

大村 真司
大村 真司 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
本人の言い分に基づいて主張するのが弁護士の仕事ですので、多少苦しくとも、主張せざるを得ない場面というのはどうしてもあります。無理な主張を続けすぎるとかえって依頼者のためにもならないことが多いので、無理筋は止めるよう説得する弁護士の方が多いと思いますが、聞かない依頼者もいます。

それで全部の弁護士が受けなくなるわけには行きませんし、そうなるとかえって会社はやりたい放題の無茶をすることにもなりかねません。

2015年02月10日 16時38分

弁護士A
弁護士が同意1
ありがとう
雇用か請負かは、よく争われるところです。

契約書の内容のほか、雇用保険加入の有無、その他、健康保険・年金
また、勤務・報酬の内容等様々な要素を考慮して決まるものですので、
雇用保険加入の1点だけで、雇用と決まるわけではありません。

こうした争いのある事案において、それぞれの主張をすることは
通常であり、違法ではありません。

もちろん、証拠の状況等に照らして、あまりにも無理な主張であれば、
通常は依頼者にそのことを説明・説得します。
あまりに無理な主張ばかりしていると、裁判所からも信用を
失いますので。

2015年02月10日 16時43分

相談者
ありがとうございます。ちなみに、雇用形態は本来なら社員。タイムカード有、給料明細あり、源泉徴収も会社が行い、住民税も給料から引かれてます。

2015年02月10日 17時12分

この投稿は、2015年02月10日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険に加入しているか確認する方法

会社や事業主は、原則として、健康保険や厚生年金などの各種社会保険に従業員を加入させる義務があります。この記事では、どのような場合に社会保険に...

仮給付とは? 解雇を争っていても「失業保険」を受け取れる仕組み

「不当解雇」を争う間の生活のために失業保険を受給したい。でも、失業保険を受け取ったら解雇(=失業)を認めることになるのでは…。そんな疑問をかか...

この相談に近い法律相談

  • 弁護士費用保険を使う弁護士依頼について

    不法行為による右大腿損傷で通院期間2週間(実通院日数4日)で、当初は弁護士費用保険が使えないとの事で本人訴訟で訴訟提起をし、再度、保険会社に正式に問い合わせたら、旧日弁連報酬基準に基づく弁護士費用保険が使える事がわかりました。訴額は治療費、慰謝料含めて11万円程度ですが、相手方弁護士が移送申し立てをしたため、まだ、口頭弁論...

  • 生活保護の申請代理は、弁護士業務に入っているのでしょうか?

    生活保護の申請代理は、弁護士業務に入っているのでしょうか? 裁判所ではなく行政ですので入らないかとも思いますが、 審査請求に関しては弁護士業務かもしれませんので 質問いたします。 弁護士さんが申請すれば、門前払いは無いと思いますので。

  • 昨夜の質問(民事裁判について、教えて下さい)の続きです。

    先程の弁護士の先生からの回答では、私の勤務中(タクシー乗務中)の私が受けた相手からの人身傷害に対する慰謝料請求を私が加入する自家用車の弁護士費用特約を使って、相手方保険会社から物損請求で簡裁から提訴された件も人身、物損一緒に弁護士費用特約でカバーされるとの事ですが、原告が一人増えた場合(私の勤務先タクシー会社がタクシーの損害を...

  • 弁護士の資格があれば

    弁護士の資格があれば弁理士、行政書士、社会保険労務士、海事補佐人、税理士の資格も無試験で登録する事ができるそうですけれど、登録後、何か特別な事をされていますでしょうか?

  • 不正受給

    雇用保険不正受給してる事を密告されて それでも不正受給してないと訴えるために弁護士を雇って意味わかりません その依頼を受けた弁護士はどう弁護するんでしょうか?

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。