転籍後の退職について。その月の月末に退職することは可能かどうか

グループ会社から母体の会社へ4月1日から転籍することになっているのですが、5月から転職を考えています。その為、4月末には退職しないといけないのですが、社内規定では「30日前までに退職願を提出し受理されること」と明記されております。
その為、先生方に2つ程質問がございます。

1.退職願を4月1日に出して4月30日の退職が可能なのでしょうか?
2.グループ会社から4月に打ち切り賞与と退職金(会社都合扱い)が支払われる予定なのですがそれが減額になることはないのでしょうか?

そのほかアドバイス等あればご教示ください。
2019年01月12日 19時19分

みんなの回答

藤川 久昭
藤川 久昭 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都4
ありがとう
お悩みのことと存じます。詳しい事情がわからないので、一般論としてご回答いたします。

1 期間雇用でなければ、退職は自由です。場合によっては、即時退職も可能です(もめますので避けたいところですが)。
2 賞与・退職金ですが減額される可能性はあります。本件では、関連規定について、子細な分析と慎重な対応が必要です。

労働局に相談されるのがよろしいと思われます。法的に正確に分析されたい場合には、労働法にかなり詳しく、本件に関係した法理等にも通じた弁護士に相談し、証拠をもとにしながら具体的な話をなさった上で、今後の対応を検討するべきです。

納得のいかないことは徹底的に解明しましょう! 良い解決になりますよう祈念しております。

2019年01月19日 23時58分

この投稿は、2019年01月12日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,703名の弁護士から、「労働問題に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

配置転換・出向・転籍が拒否できる場合

会社員は配置転換や出向、転籍を命じられることがあります。自分の意に反する異動だった場合、拒否することはできるのでしょうか。配置転換、出向、転...

転籍命令に従わなくてもよいケース|命令が無効となる場合とは

会社は、従業員の同意がなければ転籍を命じることはできません。この記事では、転籍命令の有効性が争われた裁判例を紹介したうえで、転籍命令に従いた...

【弁護士Q&A】ミスや降格、転籍に伴う減給に従う必要はある?

仕事上のミスや降格などによって、会社から減給を言い渡された場合、従う必要はあるのでしょうか。十分な指導もなくいきなり減給したり、大幅に減給す...

この相談に近い法律相談

  • 転籍による退職は自己都合にならないのか?

    先週 会社から事業承継に伴い転籍を言われました。転籍する場合は会社都合で退職金がでますが、転籍を拒否し、退職した場合は自己都合といわれました。退職金の、上乗せをお願いしてますが、就業規則通りしか出ないと言われてます。 事務員などは 転籍しないので、退職金などに違いがあるようなのですが、 転籍しない社員と同じ条件...

  • 転籍の退職金について

    昨日会社からグループ会社への転籍の辞令がありました。 1年ほど転籍後、今の会社に戻れるようなのですが、このような場合は退職金もらえるのですか?

  • 転籍による退職金額の激減について

    転籍を命じられましたが、退職金について質問です。 定年退職まで、転籍前の会社で働き続けた場合と転籍後の会社で働き続けた場合の退職金の額が 約700万円減る事になります。 この金額は昇級しない場合であり、昇給すればさらに差は開きます。 その他条件も軒並み悪くなる方向ですが、 転籍前の会社と転籍後の会社での違い...

  • 転籍による退職の場合の退職金について

    現在、正社員としてある会社に在籍していますが、三年前から親会社へ派遣扱いで出向しています。 派遣社員としてのため、期限後は、在籍している会社にもどると思っていましたが、派遣先の会社から直接雇用へ変更したいと、会社の方へ申し入れがありました。 在籍している会社側としては、今のまま親会社で自分が働いている方が、いろ...

  • 事業譲渡による転籍を断った場合、会社都合と自己都合のどちらでの退職になりますでしょうか?

    現在の会社の業績が悪化し「事業譲渡」というかたちで親会社に吸収されることになり、社員に転籍の手続きを勧めております。雇用条件としては、特別不利になるものではなく、現状とほぼ同等の雇用条件になります。 1.この転籍を断った場合、自己都合と会社都合のどちらになりますでしょうか? 2.現在の会社では退職の1ヶ月前...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

転籍の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  2. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  3. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  4. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  5. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...
  6. ドイツに出向、残業100時間超で精神疾患に…現...
  7. しゃぶしゃぶ鍋事件、被害男性「熱い鍋より、...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。