海外赴任中に、日本の出向元に長期で勤務すること出来るのか

公開日: 相談日:2019年03月28日
  • 1弁護士
  • 1回答

海外赴任中に、日本の出向元に長期で勤務すること出来るのかについてです。医療の日本国での資格取得者を中国法人に送ることを考えていますが、中国企業への就職は敷居が高いので、日本法人に就職したうえで、中国への長期赴任であれば、中国での勤務も受け入れてもらえるであろうと考えて、工夫をしたいと思っています。中国側では役所との関係があって、中国で専門家として勤務してもらうには就労ビザが必要です。これはMUSTのようです。マルチビザではNGです。そこで、日本企業から中国企業への1年の出向命令を出させて、就労ビザを取得する。勤務実態は中国4か月その後日本2ヶ月(これは中国からの出張になりますか、実態は並列勤務ですが。日本と中国の患者は別々ですので。)、また中国4か月その後日本2ヶ月、これの繰り返しです。①この方式により就労ビザ取得ができ、海外赴任が出来るでしょうか。②所得税は日本出張中の給料については日本税務署に支払うのでしょうか。③社会保険は1年を通じて、日本の出向元が加入者で加入できるのでしょうか。④海外労災で日本勤務もカバーできるのでしょうか。宜しくお願い申し上げます。

780145さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都4位
    タッチして回答を見る

    詳しい事情がわからないので、一般論としてご回答いたします。

    前提として、医療業務に従事するわけですから、日本及び中国の医師及び関連法に抵触しないようすることが必要です。
    1については就労ビザ取得について可能性があるとしかいえないです。
    2については実態によって判断されます。
    3については可能だと思われます。
    4については日本勤務は海外労災ではないと思われます。

    本件かなり専門性の要する判断が必要です。本件は、法的に正確に分析すべき事案です。専門性の高い弁護士に相談し、具体的な話をなさった上で、今後の対応を検討するべきです。

    慎重に対応しましょう! 良い解決になりますよう祈念しております。頑張って下さい!!

この投稿は、2019年03月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました