腰椎間板ヘルニアの診断書を提出しましたが、、部署異動をさせてもらえません。

公開日: 相談日:2020年09月30日
  • 2弁護士
  • 2回答

製造業にて働いています。
業務にて腰を痛め、腰椎間板ヘルニアと診断され、「ライン作業不可。部品供給・品質保証など肉体的負担の少ないものは基本的に許可」の診断書が出ました。
診断書を提出しましたが、部品供給・品質保証などの部署に異動させてもらえず、上司から「少しずつでもライン作業に復帰しないと、出勤させられないぞ」と言われました。
そこで先生方に質問がございます。

ライン作業にて腰を痛めたのが3回目にもかかわず、診断書の内容を無視し、部署異動をさせず、ライン作業に復帰させようをするのは違法ではないでしょうか?

960245さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都7位
    タッチして回答を見る

    お気持ちはよくわかります。お困りのことと存じます。詳しい事情がわからないので、一般論として回答はできるところだけ対応いたします。

    違法になる可能性はあると思われます。しかし、不正確な法的判断で対応すると、不利な状況になる可能性もあります。本件では、今回の病気と業務との法的因果関係について解明すべきです。解明のためには、客観的証拠が不可欠です。加えて、安全配慮義務違反の点について、本件は、法的に正確に分析すべき事案です。素人判断は大いに危険です。

    法的問題にされるつもりがない場合は、正直に、書面で再度の異動と、異動しない場合の勤務配慮等の申し入れをしてみては如何でしょうか?

    労働局に相談されるのが良いと思われます。法的に正確に分析されたい場合には、労働法にかなり詳しく、上記に関連した法理等にも通じた弁護士等に相談し、証拠をもとにしながら具体的な話をなさった上で、今後の対応を検討するべきです。

    納得のいかないことは徹底的に解明しましょう! 不当な扱いには断固戦いましょう! 訴訟をおやりになっているということで、弁護士先生がつかれているかと思われます。良い解決になりますよう祈念しております。応援しています!!

  • 小山 一郎 弁護士

    注力分野
    労働問題
    タッチして回答を見る

    ライン作業で腰をいためた
    とのことなので労災の可能性もあります
    会社の対応は非常に問題であると主張する余地があるように思われます
    すなわち移動ないし休職させる必要があるということです
    もっとも詳細事情が不明なので断定するものではありません

この投稿は、2020年09月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

もっとお悩みに近い相談を探す

関連度の高い法律ガイド

「人事異動」に関する情報をわかりやすく解説した法律ガイド

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから