非常勤職員の異動後の退職について

公開日: 相談日:2022年04月23日
  • 1弁護士
  • 1回答

【相談の背景】
勤続1年ほどの非常勤職員です。
体調不良で休んでいた日に課長より異動の内示の電話がありました。出られなかったので留守電で異動を知りました。
翌日出勤し、何も知らないまま係長と異動先に挨拶に行って仕事内容を聞いたところ、私の課には話してあるけど聞いてないのか?と言われました。
課に戻ると課長から渡すのを忘れていたと言って、1ヶ月前の日付の契約更新の書類を渡されました。
(契約更新の非常勤職員みんなそうだったようです)
異動先は3月末で退職される人の仕事で、求人の募集をしても見つからず、人数の多い私の所属課から出すことになったとのことでした。
勤務時間については今までより1時間長く、人事よりその時間で働けないかと聞かれましたが、無理だと断り、なんとか今までどおりの時間になりました。
内示から2週間で異動し、異動先は今までとは全然違う仕事のうえ、仕事の引継ぎも前任者から2時間話を聞いただけだったので、正直もう辞めたいです。

【質問1】
異動してすぐ退職はできますか?
(労働条件通知書には自己都合退職は30日前までに書面で届け出ることとなっています)

【質問2】
勤務時間が違う人に対して、その確認もせず異動の話は進むものでしょうか?
契約更新の書類を1ヶ月も渡さないのは問題ないのでしょうか?

1137927さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都6位
    タッチして回答を見る

    お悩みのことと存じます。お困りのことと存じます。詳しい事情がわからないので、一般論として回答はできるところだけ対応いたします。

    質問1 退職ですが、期間雇用の場合は「やむをえない事由」が必要です。なければ損害賠償の対象となりえます。ただ、実際は即時退職も不可能ではないです(同じく、もめるので避けたいところですが・・・)。

    実害があれば、損害賠償請求されてしまう可能性はあります。ただ、請求額通りが法的に認められるとは限らないです。損害賠償請求は可能ですが、義務違反、義務違反と損害との因果関係の立証が容易ではないと思われます。それほど不安がらないで頂ければとは思います。

    質問2 はい。。。 違法だとは断言できないです・・・ 配転命令は、就業規則上根拠があって、権利濫用にならなければ、有効です。有効性が認められやすい傾向にあります。有効な命令を拒否すれば解雇等になります。ただ有期雇用の場合、配転の内容によっては、配転命令権がそもそもないとされる可能性が高いです。本件は、労働契約の内容について法的に正確に分析すべき事案です。

    本相談は、ネットでのやりとりだけでは、正確な回答が難しい案件です。気軽に、ということであれば(その場合も真剣な相談でお願いいたします)、労働局に相談されてもよいですが、なかなか正確な回答は難しいかもです。頑張りましょう。

    法的に正確に分析されたい場合には、労働法にかなり詳しく、本件に関係した法理等にも通じた弁護士に相談し、証拠をもとにしながら具体的な話をなさった上で、今後の対応を検討するべきです。

    不正確な法的判断で対応すると、不利な状況になる可能性もあります。労務管理と労働法に精通した弁護士への直接相談が良いと思います。なぜならば、法的にきちんと解明するために、良い知恵を得るには必要だからです。よい解決になりますよう祈念しております。どれだけお困りか理解できます。

この投稿は、2022年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す