職場での怪我後遺症について

公開日: 相談日:2020年10月09日
  • 2弁護士
  • 2回答

職場の管理職の過失で怪我をして
事故後1週間で頸椎捻挫の診断をされたしたが 
1か月経過しても症状ある為MRI検査をしました。
結果は頸椎の椎間板ヘルニアとのこと
もともとある人がいる、肩凝りから来る場合があるから事故との因果関係があるとは言えないと先生に言われました。
事故前は肩凝りはありましたが、手の痺れや握力低下、首からくる頭痛などはありませんでした。
その病院ではこれ以上は治療できない為紹介状は出すから別の病院を探してくれといわれました。
後遺症として診断されなければ、このまま何の保証もなく過ごさねばならないのかと不安です。
後遺症でなくても、損害賠償請求はできるのでしょうか?
酷ければ手術も必要になる可能性あるとも言われています
労災で通院して休業補償も受けています
事故についてはこちらに非は一切ありません。
上司は過失は自分が正しいと宣言しながら
正々堂々と認めています。
事故については他の従業員も見ています
その後管理職に報告し逆切れで返答されたところにも同席していました。

962681さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都3位
    タッチして回答を見る

    お悩みのことと存じます。お困りのことと存じます。詳しい事情がわからないので、一般論として回答はできるところだけ対応いたします。

    本相談は、ネットでのやりとりだけでは、正確な回答が難しい案件です。どうしても不安であれば弁護士等に、ネットではなく直接相談されるのが良いと思われます。

    本件では、管理職の過失について解明すべきです。解明のためには、客観的証拠が不可欠です。労災と損害賠償の問題は別です。

    納得のいかないことは徹底的に解明しましょう! 不当な扱いには断固戦いましょう!

    労働局に相談されてもよいですが、なかなか正確な回答は難しいかもです。頑張りましょう。

    弁護士への直接相談・直接面談によって、良い知恵が得られる可能性が高いと思います。不正確な法的判断で対応すると、不利な状況になる可能性もあります。良い解決になりますよう祈念しております。応援しています!!

この投稿は、2020年10月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

「安全配慮義務」に関する情報をわかりやすく解説した法律ガイド

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから