職場の受動喫煙 サードハンドスモーク 喘息発作

公開日: 相談日:2020年07月29日
  • 1弁護士
  • 1回答

職場の受動喫煙 サードハンドスモーク 安全配慮義務について
今月より職場の店舗移動により、喫煙者の方と同じ店舗になりました。
喫煙所は、同じ建物の違う階にあります。同僚が喫煙所で喫煙するので、室内禁煙ですが、スペースが狭く、密な状態で臭いが辛いです。
喘息の持病があり、7月に入ってから調子が悪く、同僚の臭いに反応して咳が止まらなく、困っていると、本日、上司に相談しました。
先週症状がつらく、仕事帰りに近所の内科にかかって、喘息の発作状態であること、原因はたばこの臭いだろうと言われことを上司に伝えました。スペース的に距離をとるのが難しいこと等伝えて、本人に近づくなとも言えないし、困っていると上司に相談しました。同僚と話してみると言って、上司は本部に帰りました。
喘息のことは通院の必要があるので、面接時にきちんと会社に伝えてあります。
ここで質問ですが、会社が何かしら措置をとってくれる可能性はありますか?
特に診断書を等、言われなかったのですが、何かしておいた方が良いことはありますか?記録等、つけようかとも思いますが…

辞めたくないですが、大げさでなく、死ぬ可能性もあります。生活もかかっているので、転職活動も視野に入れざるを得ないかといろいろ考えています。

943166さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都6位
    タッチして回答を見る

    お悩みのことと存じます。お困りのことと存じます。詳しい事情がわからないので、一般論としてご回答いたします。

    お気持ちはよくわかります。しかし喫煙者との同じ店舗になったことだけで、諸症状が悪化するといえるかどうか、本件では、その因果関係について解明すべきです。解明のためには、客観的証拠が不可欠です。医学的知見からしての証明も不可欠です。

    安全配慮義務違反だけでは損害賠償請求が認められるとは限らないのです。そもそも、分煙について一定の措置をとっていれば、安全配慮義務違反は成立しない可能性もあります。

    ご自身としても、増悪回避措置をとられるのが良いと思われます。また、因果関係がないとされても症状悪化の場合の対応を、法的問題にされるつもりがない場合は、正直に 申し入れしてみては如何でしょうか?

    納得のいかないことは徹底的に解明しましょう! 不当な対応には屈しないで下さい! 不正確な法的判断で対応すると、不利な状況になる可能性もあります。弁護士への直接相談が良いと思います。なぜならば、法的にきちんと解明するために、良い知恵を得るには必要だからです。ご検討くださいね。良い解決になりますよう祈念しております。応援しています!!

この投稿は、2020年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

もっとお悩みに近い相談を探す

関連度の高い法律ガイド

「安全配慮義務」に関する情報をわかりやすく解説した法律ガイド

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから