労災なのに使用者側の安全配慮義務違反にならないケースとは?

公開日: 相談日:2015年12月27日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

「過労死レベルの長時間労働」の労災認定がもし認められた場合ですが、
多くの方は会社に「安全配慮義務違反」を問う訴訟などをされると思います。

私は素人なので、長時間労働はどう考え方を変えても会社側が与えた物なので、
労基法などを遵守していないのは明白であり、安全配慮義務違反があったに違いないだろうと思うのですが、
仮に会社側の過失が無い、などの見解が出る可能性があるとしたら、どんな場合が考えられるのでしょうか?

例えばですが、シフトを組む権限の有る者が、自分の残業代などを欲しさに自分に仕事を入れまくって
倒れたとしても、結局は会社側の管理が悪かった、それを注意しなかった、発見できなかったことが悪い、
ということにはならないのでしょうか?

412117さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    兵庫県1位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    例えばですが、シフトを組む権限の有る者が、自分の残業代などを欲しさに自分に仕事を入れまくって倒れたとしても、結局は会社側の管理が悪かった、それを注意しなかった、発見できなかったことが悪い、ということにはならないのでしょうか?

    それは難しい可能性があるでしょう。

    仮に会社に一部の過失があったとしても、本人の過失も大きく、相当に減額されそうです。

この投稿は、2015年12月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

もっとお悩みに近い相談を探す

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから