会社の安全配慮義務違反に関する相談

公開日: 相談日:2021年04月21日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

【相談の背景】
民事事件の安全配慮義務違反に関する相談です。

労働契約法第5条では、会社側が労働者に対し、安全配慮義務を
尽くす必要があると記載されています。

ここで、会社側が、裁判期日に有給休暇を取得して出廷するよう
業務命令を出していたものの、従業員は命令を無視して、出廷
し、業務命令違反で普通解雇になった場合を想定します。

【質問1】
このとき、会社の業務命令は、労働基準法第39条5項違反で
違法行為であるのにもかかわらず、会社が業務命令違反として
従業員を普通解雇するのは不法行為を構成し、慰謝料請求でき
ますでしょうか?

【質問2】
このとき、会社は、労働基準法第39条5項と労働契約法第16条
違反でコンプライアンス違反でもあります。
このとき、会社側は、従業員に対し、安全配慮義務違反とも
いえますでしょうか?

1019546さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都9位

    大木 怜於奈 弁護士

    注力分野
    労働問題
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    【質問1】
    会社側が、裁判期日に有給休暇を取得して出廷するよう業務命令を出していたものの、従業員は命令を無視して、出廷し、業務命令違反で普通解雇になった
    このとき、会社の業務命令は、労働基準法第39条5項違反で違法行為であるのにもかかわらず、会社が業務命令違反として従業員を普通解雇するのは不法行為を構成し、慰謝料請求でき
    ますでしょうか?
    ⇒上記事情だけで普通解雇にしたのであれば、上記解雇自体が違法無効と判断される可能性が高いかと存じます。そして、違法無効な解雇が不法行為にあたり、不法行為に基づく損害賠償請求が認められる可能性が高いかと存じます。

    【質問2】
    このとき、会社は、労働基準法第39条5項と労働契約法第16条違反でコンプライアンス違反でもあります。
    このとき、会社側は、従業員に対し、安全配慮義務違反ともいえますでしょうか?
    ⇒いえます。
    もっとも、質問1への回答のとおり、違法無効な解雇が不法行為にあたり、不法行為に基づく損害賠償請求を行うという構成で必要十分かと存じます。

    必要がある場合には、弁護士へのご相談やご依頼をご検討されるべきかと存じます。

    ご参考になれば幸いです。

この投稿は、2021年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す