労災での休業補償の金額を決める「基礎」になるもの

労災認定された後の損害賠償請求裁判で、休業の補償を求めるとき、その金額は

①実際に支払われた金額(源泉徴収票などから計算)
②労災給付基礎日額+ボーナスなど労災補償に含まれない分

のどちらで裁判所は金額を認めるのでしょうか?

今回の場合「①実際に支払われた額」の方が大きいとします。
(労働基準監督署による残業時間の推認範囲が実際より小さかったため)
2018年10月29日 10時06分

みんなの回答

村上 誠
村上 誠 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都3
ベストアンサー
ありがとう
> ①実際に支払われた金額(源泉徴収票などから計算)
> ②労災給付基礎日額+ボーナスなど労災補償に含まれない分
> のどちらで裁判所は金額を認めるのでしょうか?

立証の問題にもなりますが、実際に支払われた額(①)が基本になると思います。

2018年10月31日 09時48分

この投稿は、2018年10月29日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【労災保険】過労で倒れた場合に治療費や休業損害を補償してもらえるケース

長時間労働などの過労により脳梗塞などの脳疾患や心筋梗塞などの心疾患となった場合、過労死と同じように、労災保険を利用できるケースがあります。労...

請負や業務委託でも労災の補償を受けられるケースとは

通勤中や勤務中にケガをしたり、長時間労働でうつ病を患うなど病気にかかったりしてしまった場合、会社の従業員であれば労災保険から治療費を補償して...

【労災保険】仕事や通勤によるケガや病気で後遺障害が残った場合の後遺障害等級認定の手続き

仕事や通勤によりケガや病気になったけれど、完治せずに症状が残ってしまった…。このような場合、後遺障害の認定を受ければ、労災保険から補償を受けら...

通勤・仕事中の交通事故は労災保険と自賠責保険どちらから請求すればよいのか

通勤中や仕事中に交通事故にあった場合、労災保険や自賠責保険・任意保険から治療費などの支払いを受けられます。ただし、請求する順序によって受け取...

【職業別】交通事故の被害にあったときに補償される休業損害の計算方法

交通事故でケガをしたために仕事を休まなければならなかった…。このような場合に、仕事ができれば得られたはずの収入を「休業損害」として賠償してもら...

この相談に近い法律相談

  • 労災認定と休業補償について

    今月10日に主人が仕事中にケガをして入院中です。 会社は労災の手続きをしてくれているようですが、おそらくまだ認定されていません。 認定されたら、休業補償は毎月おりるのでしょうか?また、認定されるまでは収入が無い状態なのでしょうか? 支払いや返済等あるので、今までの給与がなくなると生活できません。

  • 労災の算定基礎日額を計算の元に使う手当は何がありますか?

    労災認定での給付に使われる「算定基礎日額」の方なのですが、ボーナス等の特別給与を元に計算されるのは存じています。 ただ、これを使って給付される手当は何があるのですか? 基本的なことで申し訳ないです。

  • 労基署が給付基礎日額の計算期間を間違っていた....

    会社でケガを負い、労災認定されています。 無料の弁護士相談で、「残業手当などの審査請求をした方が、給付基礎日額が増えるかもしれない」と教えていただき、都の労働局に審査請求しました。 都の担当者から、「残業代の件などは現在捜査中ですが、別件で少し問題がありまして」と連絡がありました。 労働基準監督署が、平均賃金...

  • 労災、休業補償給付金の時効について

    休業補償給付金の申請書の労働出来なかった期間についてお伺いします。 (H29.8に労災手続きを開始) H27年の7月に疾病、 休業補償給付金をH27.7〜H29.7までの期間で現在申請しています。 労基署では労災認定が認められず不支給となり現在再審査請求の手続きをして審査中です。 もし、労災が認められたら申請期間以降のH29.8からの...

  • 労災休業補償給付の再申請について

    以前、飲食店の店長をしていたのですが、長時間労働や休日出勤がかなり多く、うつ病になり、精神科主治医より長期自宅療養が必要との診断をされ退職しました。 現在、労災の休業補償給付を申請中なのですが、労災の調査等に8ヶ月程掛かると言われ、その間の生活費がかなり厳しい為、主治医に相談し、負担の少ない軽作業のアルバイト等...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労災認定に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  2. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  3. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  4. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  5. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  6. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  7. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。