弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

労災認定 : 労災認定とは?認定基準や認定までの流れ

判事に当事者の主張と異なる判断ができるのか?

弁論主義に対する質問です。
ある出来事について、原告がおおむね6か月以内の出来事と主張し、被告もおおむね6か月以内の出来事と主張している場合、地裁判事の判断で約7か月前の出来事と判断することが出来るのでしょうか?
これは精神障害の労災認定の認定要件2の認定基準の対象となる精神障害の発病前おおむね6か月の間に業務による強い心理的負荷が認められることという要件を満たすか否かが争点になっている事件です。
回答の程よろしくお願いいたします。
概ねなので判断しうると思います。ただ、そもそもその出来事が事実として主張すらされていないのでしたら、難しいと思います。もしご相談者に有利な事実であるなら、7か月前の出来事も事実の指摘とそれも業務起因性の出来事として位置づけて主張はしておくべきと思います。 波多野先生回答ありがとうございます。

ただ私の主張が足らない為に誤解させたかもしれません

>>概ねなので判断しうると思います。

私の質問は、厳密にいえば対象となる疾病の発病7か月前の出来事ですが、当事者が概ね6か月以内の出来事と認めているにも関わらず、地裁判事の判断だけで約7か月前の出来事であって、おおむね6か月前の出来事ではないから対象となる出来事にはならないという判断ができると思いますかという質問です。

>>ただ、そもそもその出来事が事実として主張すらされていないのでしたら、難しいと思います。

当然主張しています。

>>もしご相談者に有利な事実であるなら、7か月前の出来事も事実の指摘とそれも業務起因性の出来事として位置づけて主張はしておくべきと思います。

出来事は「解雇」であるため、非常に有利であり、労災にならないはずがないと思っています。

chauchauayakaさん
2018年03月04日 07時42分

みんなの回答

波多野 進
波多野 進 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府7 労働問題に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう

2018年03月04日 10時34分

chauchauayaka さん (質問者)

2018年03月04日 16時45分

この投稿は、2018年03月04日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【交通事故】労災と自賠責を使う順序と後遺障害の結果が異なる場合の対処法

業務中に交通事故の被害にあった場合は、自賠責保険とは別に労災保険も利用することができますが、どちらを先に利用すればよいのでしょうか。また、労...

この相談に近い法律相談

  • 行政事件における弁論主義について

    行政事件における(民事事件でも同じと思いますが)弁論主義に関する基本的な質問をさせて頂きます。 精神障害の労災認定不支給決定取消訴訟に関する質問ですが、内容は弁論主義に関する内容と思われるからです。 精神障害の労災認定においては、認定基準の対象となる業務は、精神障害の発病前おおむね6か月の間の業務となっています...

  • 公判日につきましてご質問いたします

    教諭である者が、担任を勤める児童に対して、強制わいせつにて3月下旬に逮捕をされ、容疑を認め、起訴がなされました。 公判は確定かと思われますが、起訴されてから、実際の公判が開かれる日にちが決定するまで、大体で構わないの何日間くらいかかるのでしょうか? 地域差もあるかと思いますが、例えば、東京地方裁判所の場合は。...

  • 労災での損害賠償裁判の「慰謝料」の構成要素、決まり方について

    長時間労働でのうつ病労災が増えています。友人も認定されました。 それについて質問です。 労災認定後、損害賠償裁判をすると思います。その中で慰謝料を求めることになりますが、その慰謝料はどうやって決まる(査定される)のでしょうか? 無論好きな数字を訴えても、最終的には裁判所の判断になると思いますが、その時にどの...

  • 民事訴訟の釈明権は何のためにするんですか?

    パワハラに対する精神的被害で、慰謝料の裁判をしている原告ですが 今日、裁判官から被告に対して 「あなたの主張している事は、裁判所としては事実認定できない。 でも、○○という主張なら、反証としては考えられるし認められるので それについて準備書面を次回までに書いてきて下さい」と言いました。 これって釈明権と裁判官は...

  • 裁判官が病気になったら?

    裁判官が病気や怪我等の理由で出廷できない場合は、病気や怪我が治るまで裁判は中断するのでしょうか?また、中断するとして、どれ位の期間中断するものなのですか?数ヶ月も中断とか普通にあるのでしょうか?

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労災認定に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 私学教員の部活指導など、「明確な指示」なく...
  2. タイムカード打刻「15分単位」で切り捨て…薬...
  3. ベネッセ個人情報流出、東京地裁が請求棄却「...
  4. 過労死遺族、官邸前に座り込み…高プロに反対...
  5. メディア業界のセクハラ、半数が同業者から ...
  6. 日本郵政、正社員の手当廃止で論議…梅田弁護...
  7. 夜明け前から読経準備、お坊さんは修行者or労...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。