「過労自殺の因果関係は、法的には立証できない。」?「刑事罰まで加えるのはルール違反」?

 ある人がSNSでタイトルにあるようなことを主張しているのですが、本当に立証できないものなのでしょうか?
 残業の記録や関係者の証言、日記やSNS等への書き込み等を勘案すればある程度の立証はかのうであるようにも思うのですが、実際はどうなのでしょう?
 何か参考になりそうな事例がありましたらお教えください。

労働基準法
(労働時間)
第三十二条  使用者は、労働者に、休憩時間を除き一週間について四十時間を超えて、労働させてはならない。
○2  使用者は、一週間の各日については、労働者に、休憩時間を除き一日について八時間を超えて、労働させてはならない。
2017年01月20日 00時15分

みんなの回答

齋藤 健博
齋藤 健博 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都2 労働問題に注力する弁護士
ありがとう
過労死との因果関係とは,本当に過労が原因で亡くなったかわからない事例だから問題です。単に,過労ではなく精神的になにかにり患していた場合,併発していたとしても,過労死とは言えないからです。

2017年01月20日 00時22分

相談者
 先生も賛成だということですか?

2017年01月20日 20時31分

齋藤 健博
齋藤 健博 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都2 労働問題に注力する弁護士
ありがとう
一般論としてではなく、具体的に証拠を見ないとわからない、とのことです。

2017年01月20日 22時23分

大谷 有紀
大谷 有紀 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ありがとう
> 残業の記録や関係者の証言、日記やSNS等への書き込み等を勘案すればある程度の立証はかのうであるようにも思うのですが、実際はどうなのでしょう?
上記を勘案すれば一定程度は可能でしょう。

現行法規に従う限り刑事罰の適用はあります。
学者は自由な議論をすべきですので,議論自体は結構なことです。

2017年01月21日 09時47分

相談者
 刑罰法規があるのは、過労自殺の因果関係について法的な立証が可能だからという趣旨でよいのでしょうか?

2017年01月21日 20時50分

齋藤 健博
齋藤 健博 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都2 労働問題に注力する弁護士
ありがとう
因果関係がないと、立証されたことになりませんからね。その通りです

2017年01月22日 11時34分

相談者
 それで実際に立証されたような事例はあるのでしょうか?

2017年01月22日 12時22分

この投稿は、2017年01月20日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では14,577名の弁護士から、「労災認定に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 前提となる労働条件の要件

    私は、会社に残業代を請求しました。 会社は、労基法41条3号の監視又は断続的労働に従事する者だから、残業代は発生しないといいました。 労基署は、許可基準と異なるとして是正勧告をしました。会社は、是正できないとして、監視又は断続的労働をとりやめました。 私は、給与は同じで、3日に一度の24時間労働から、1日8時間...

  • 明示義務違反の場合には、労基法第15条第2項は適応されますか?

    入社初日から一週間ほど働いているのですが未だに労働条件の詳細を明示されたわけでもなく、書面で雇用契約書を書いてもいません。 2日目にこちらから伺ったところ口頭で給与と支払方法だけ聞き出せた程度で向こうから・・・と言うことはありませんでした。 将来が不安なのですでに退職を考えているのですが、このケースでは労基...

  • 一方的な労働条件の変更について

    フルタイムのパートで働いています。一年毎更新の有期雇用です。 ボーナスは正社員の2割・退職金はありません。 先日 更新時に雇入通知書を渡されました。 確認すると就業場所の項目に「人事異動により変更する場合もありうる」 という昨年まではなかった一文が追加されていました。 このように使用者側が一方的に労働者の労働条...

  • 使い捨て労働?

    お話を聞いていただきたいと思います。 現在、会社から一ヶ月以上の期間自宅待機を強いられております。採用後一週間ほどだけアルバイトとして働いてからのことです。 自宅待機の理由に関しては教えていだたいておりません。 付け加えると、雇用契約書や労働条件通知書もございません。 先日、実際に働いた8日間の給与は支払いがあ...

  • 使用者が1人でも雇ったら労働基準法の義務

    会社を計画的に社長のパワハラで辞めさせられました。当然、毎日の勤務時間は把握して書類にしているはずですよね?その、毎日の勤務時間の書類を請求するのは、当然権利ですよね?使用者が拒否したらどうすれば良いですか?労働基準法に違反していますか?何卒、よろしくお願いします。

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

依頼前に知っておきたい弁護士知識

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。