1. 弁護士ドットコム
  2. 労働
  3. 労災
  4. 労災認定
  5. 転院か、労災認定か、迷っています

公開日:

転院か、労災認定か、迷っています

2010年12月06日
去年9月に会社から帰宅時の青信号の横断歩道を歩行中に背後から車に当てられて、自賠責に異議申立中です。
主治医の診断書は他覚的所見は画像での異常無し、右上肢の知覚異常(しびれ感と感覚障害)有、又右肩関節の運動機能障害(前方拳上90°、外旋40°、内旋30°、水平屈曲90°、伸展10°)有、ただし腱反射は左右差無し、筋萎縮は認めない。頚椎部の運動障害(角度記載)有。としか書いていません。
実際の自覚症状は上記運動障害が酷くなり常時、右肩関節の疼痛と右上肢の疼痛・痺れ、握力の低下により健側で箸を持って患側で食器を持つ事ができない、及び更衣・入浴で介助が必要で、めまいによるふらつきで常時監視してもらわないと歩行できない状況です。
この自覚症状を主治医に伝えましたが、聞いてくれません。
投薬もフルカムだけでリハビリは無し。この先治療する事と労災の後遺障害申請を考えていますが、一向に改善しない症状から転院して国保で治療しながら、もっと医学的所見の有る後遺障害診断書をお願いして自賠責へ更に異議申し立てをすべきか、又は労災の後遺障害認定を待つべきか、迷っています。
私自身、うつ病で心療内科の医師より就労不可能と障害年金の診断書を受けており、実際に気分の落ち込みや対人恐怖で働けません。被害者請求も体力的に不可能ですし、経済的にも後3ヶ月で貯金が無くなろうとしているので、ちょっと焦っています。国や市が低利息で融資してくれるとありがたいのですが。
長文になりましたが、最良なアイデアが有りましたらご教授お願いいたします。
相談者(35325)の相談

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
交通事故の処理になれて見える弁護士に依頼するのがよいでしょう。
着手報酬は請求額受領額によります。

2010年12月06日 15時36分

相談者(35325)
回答ありがとうございました。
直接弁護士に相談するのではなくて、費用的に紛争センターに相談した方がいいと思いますが、如何でしょうか。

2010年12月06日 22時31分

この投稿は、2010年12月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では15,982名の弁護士から、「労災認定に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 後遺障害と後遺障害保険金

    第三者(酔払)から傷害(殴られた)を受けた結果、医師から後遺障害診断書(傷病固定)を受けました。 犯罪被害保険特約があり、保険金請求をしたところ保険会社から50万円と連絡がありました。(診断内容は後述します) お訊ねしたい点が2点ございます。 まず、後遺障害診断書の傷病名が「右肩峰下滑液包炎」として可動障害ありと診断さ...

  • 後遺障害事前認定非該当となってしまいました。

    お世話になっております。 先ほど保険会社より連絡があり、後遺障害事前認定非該当と連絡がありました。詳細を書いた書類を送りますので、異議申立てするのであれば、連絡して下さいと言われました。 書類が来ていないので、何故非該当になったのか不明ではありますが、私自身、納得いくわけもなく、かなりショックでした。 後遺障害...

  • 誤診による後遺障害について

    交通事故に遭い、10:0の被害者です。 交通事故によって、腰椎椎間板ヘルニアにより左下肢に後遺障害が残りました。 最初に治療のため通院していた整形外科では、最初から首・背中・腰の痛み、左上肢・左下肢の痺れを訴えていましたし、既に左下肢の痺れが強く足首から下に関してはかなり動きずらく引きずって歩いているような状態で...

  • 後遺障害診断書に追加、変更を先生にお願いしたいけど、、

    交通事故 自動車損害賠償責任保険後遺障害診断書 追加 変更 アドバイスくださいませ 赤信号停車中に、後ろから追突されて 8ヶ月 整形外科通院 首の星状神経ブロック10回しました、筋電図、誘発検査、右手右足が痺れて、動きがおそい、また、MRIで右手右足が、椎間板変性といわれました、後遺障害診断書に追加、変更を先生にしてもらい...

  • 泥酔男性に暴行を受けて全治3か月の診断後の対応について。

    加害者は傷害事件に於いて、刑事事件で起訴され(略式命令請求)罰金50万円に処する命令の確定通知が検察庁から先日届きました。 発端は公共交通機関で泥酔した顧客(加害者)が席を独占し、周囲が迷惑と感じて注意したところ多少の罵声とも云える反論があったものの その後は大人しく寝込んでしまい落着と感じて私は隣の席に座り...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

依頼前に知っておきたい弁護士知識

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。