偽装請負による会社都合退職と心労からの労災認定

私は現在 A社の正社員として雇用されております。
B社が間に入ることにより、C社にて業務を行っています。

【C社】 ->(業務委託)-> 【B社】 ->(業務委託)-> 【A社】

上記契約にて作業を行っているのですが、実態はA社からC社への派遣のような扱いです。
委託契約であることは事前に知っていたので、今後の業務指示などA社へ確認しましたが、
「すべて客先(C社)の指示に従え」と指揮命令系統は完全にC社にあります。

労働局へ実態を証明できるメール内容や勤務表などを基に相談に伺ったところ、
偽装請負との回答でしたので、その旨をA社に伝えたところ「嫌なら辞めろ」と言われてしまいました。

私事ですが、2歳の息子がいるので簡単に退職できる環境ではありません。
また、自律神経失調症を患い、原因は違法な労働環境からくる強いストレスと医師からの診断を受けました。

そこで下記2点をお聞きしたく存じます。

1、このような労働環境下で会社都合での退職は可能か
2、病気に関して労災認定を受けることは可能か

よろしくお願い致します。
2013年02月18日 20時02分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
自律神経失調症を患い、原因は違法な労働環境からくる強いストレスと医師からの診断

→ 法的には因果関係の立証が難しい分野ですから、診断書を持参して労災認定できそうか、労働基準監督署にご相談ください。

失業保険で有利な取り計らいというのが、貴方の言う「会社都合の退職」にしたい理由であれば、「特定受給資格者」というのがあって、
(12) 事業所の業務が法令に違反したため離職した者
に該当すれば、失業保険の面で有利な扱いになります。退職前にハローワークにご相談になっておくことです。


2013年02月18日 23時36分

この投稿は、2013年02月18日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

請負や業務委託でも労災の補償を受けられるケースとは

通勤中や勤務中にケガをしたり、長時間労働でうつ病を患うなど病気にかかったりしてしまった場合、会社の従業員であれば労災保険から治療費を補償して...

この相談に近い法律相談

  • 業務委託契約に関して。解雇に値するようなことなのでしょうか?

    業務委託に関しての質問です。 現在A社の準社員でB社という職場で勤務しています。A社とB社が業務委託契約をしています。 3月末日でA社とB社の業務委託契約が終了し、4月1日からB社とC社が業務委託契約をしました。私はB社で仕事がしたいので、A社を3月末で退職し、C社の契約社員として入社。B社で引き続き仕事をします。 A社...

  • 会社間の業務委託

    <前提> A社:業務依頼元 B社:A社より直接、業務委託を受けている C社:B社よりその業務委託を受けている D社:C社よりその業務委託を受けている。D社の社員Eさんを特定派遣でA社へ出向。 <条件> 派遣ではなく業務委託とする。 業務委託の契約期間は3か月とする。 B、C、Dは毎月マージをとる。 各間で業務委託契約書...

  • 前の会社から就職先へのクレーム

    転職に関する相談になります。 今年の3月31日に勤めていた会社(A社)を退職し、翌4月1日から内定を頂いていた会社(B社)に就職できる予定でした。 が、以前勤めていた会社から新しい勤め先にクレームが入り競合避止義務違反にあたり転職を認めるわけにはいかないという事で強くクレームを言われたそうです。転職予定の会社も...

  • 退職日の調整にて、会社に一方的に設定された退職日での退職は自己都合になるのか?

    以下の件が自己都合退職となるのかご相談です。 私の所属している会社A社とB社は業務委託契約を結んでいます。A社が受注側、B社が発注主となります。 私は常駐スタッフとしてB社の事務所にてB社の組織メンバーの一員として週2回+αで常駐先で勤務しております。 常駐先にて直接の業務指示を受け、B社の組織の一員として発注者側と...

  • 請負契約時における労災の休業補償

    労災保険の休業補償について 先日、現場仕事で指をはさみ怪我をしてしまいました。 医者の診断では、全治1週間以上との診断です。 (左第3・4指挫創・知覚神経麻痺) 指の痛みがある為、怪我した翌日と翌々日は仕事を休むことになったのですが 怪我を起こした時の雇用形態と状況が複雑なのでとごに責任の所在があるかが不明確です...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労災認定に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  2. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  3. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  4. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  5. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  6. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  7. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。