調停和解後、労災訴訟は可能ですか?

公開日: 相談日:2022年07月29日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

【相談の背景】
私は、知人だった社長一族による家族経営の零細企業に一昨年入社して、支店を任されワンオペで働いていました。

2ヶ月前に、残業代、パワハラなどの損害賠償請求を求めた労働審判を申立て、先日、調停和解をしました。内容は、7-8割こちらの主張が認められました。

【鬱病のきっかけ】

入社当初から過重労働だったので、不眠症になり体調は悪かったので、意を決して、昨年の夏、社長に対して、違法な労働環境を是正する様に直訴しました。その結果、様々な罵詈雑言、経歴を侮辱、人格否定をされた為、労基法違反を指摘し、未払い賃金を請求して退職しようと考えたのですが、ある日突然、営業中の職場に押しかけられ、お客様のいる店内で、一方的な和解提案書にサインしないと裁判すると脅された上、未払い賃金の支払いや退職書類の交付を拒否されたり、従業員用の扉のパスワードを変えられて追い出されました。(録音や文字起こししてあります)

家族企業という治外法権化された職場で、過重労働させられ、ガスライティングをされたり、酷い事を沢山され、鬱病になってしまい、とても恨んでるので、労働審判の和解条項からは労災や告訴を今後出来る様に代理人がして下さいました。

先週、労基署に労災申請も出来ました。

⑴民事で未払い賃金を回収
⑵労災申請
⑶労災認定されたら再び訴訟と刑事告訴
をしたいと考えてます。

【質問1】
労災認定された場合、労働審判の調停和解後に労災による精神疾患の損害賠償を求める訴訟を起こす事は出来ますか?(既にパワハラ慰謝料は認められました)複雑ですみません。

1169547さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都5位
    タッチして回答を見る

    お悩みのことと存じます。お困りのことと存じます。詳しい事情がわからないので、一般論として回答はできるところだけ対応いたしますと、その和解内容次第です。本件では、子細な分析と慎重な対応が必要です。納得のいかないことは徹底的に解明しましょう! 不正確な法的判断で対応すると、不利な状況になる可能性もあります。労務管理と労働法に精通した弁護士への直接相談が良いと思います。なぜならば、法的にきちんと解明するために、良い知恵を得るには必要だからです。よい解決になりますよう祈念しております。応援しています!! 頑張って下さい!!

この投稿は、2022年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました