労災診断書提出後の復帰

機械の作業中に右手人差し指・中指の爪と指先を深く抉ってしまい、現在労災扱いで休業中です。

労災について病院・薬局に提出する書類を貰い、復帰の為に
要通院・軽作業可の診断書を提出しましたが、人事の担当から
「事故の原因はマニュアル通りの機械の取扱い方をしなかったからで(確かにマニュアル違反はしました)、元の現場に戻すのは難しい。配属先が決まったらすぐ連絡する」
と言われたまま自宅待機のような状態で2週間近く話が進んでいません。

診断書を出しているので休業補償もその期間しか出ないし、
復帰していないので給料も出ません。
復帰は可能なのに会社が復帰させない場合、何か補償を請求することはできるのでしょうか。

あと、休業補償の申請についても会社から何の説明もありませんでした。もちろん自分で調べましたが、こういうことは会社は何も言わないのが普通なんでしょうか。
2017年12月09日 21時14分

みんなの回答

波多野 進
波多野 進 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
復職可能な客観的な状況で復職の申し入れをしているのに就労拒否(復職拒否)しているのであれば、賃金請求できると思います。上記の点をきっちり証拠に残る形を残し(文書やFAXやメールで申し入れるとともに就労可能である診断書を出していないなら直ぐ出したうえ)で賃金請求の法的手続きも含めて検討したらどうでしょうか。

2017年12月10日 10時23分

この投稿は、2017年12月09日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【労災保険】過労で倒れた場合に治療費や休業損害を補償してもらえるケース

長時間労働などの過労により脳梗塞などの脳疾患や心筋梗塞などの心疾患となった場合、過労死と同じように、労災保険を利用できるケースがあります。労...

請負や業務委託でも労災の補償を受けられるケースとは

通勤中や勤務中にケガをしたり、長時間労働でうつ病を患うなど病気にかかったりしてしまった場合、会社の従業員であれば労災保険から治療費を補償して...

仕事のストレスでうつ病などになった場合に労災が利用できる条件と具体例

長時間労働やセクハラ・パワハラなど、仕事のストレスでうつ病や適応障害などの精神的な病気になった場合、労災保険によって治療費や仕事を休んだこと...

【労災保険】仕事や通勤によりケガや病気になった場合の手続き

通勤中や勤務中にケガをしたり、環境の悪い職場で働いて病気にかかったりしてしまった場合、労災保険から治療費や休業損害を支払ってもらうことができ...

【労災】仕事で精神的な病気になったけれど労災を利用できない可能性があるケース

仕事が原因で精神的な病気になった場合には、労災を利用して治療費の補償や休業補償などを受けることができる可能性があります。しかし、同時期に家族...

この相談に近い法律相談

  • 吸収合併される前に鬱病発症合併後会社に部署異動診断書提出効果なしで入院今後通常業務に戻れるか。?

    もともと職場の人間関係で鬱病、精神障害者3級になりましたが15年間通常業務してきました。二年前関東に転勤するも、上司と合わない、仕事も慣れないで一年前に精神科で上司と合わないので部署異動診断書会社に提出するも効果なし、その3ヶ月後耐えれなくて入院自宅加療2ヶ月後職場復帰するも上司と仕事のプレッシャーで会社に精神障...

  • 配置転換辞令 人事権の濫用

    パワハラが原因で休職し、金曜日に復帰するのですが、現職復帰ならば就労可能と記載された医師の診断書を会社に提出しましたが、会社側は無視して配置転換辞令を通知してきました。私は営業部所属で障害者手帳を所持し三年勤務しています。 人事部に問い合わせると、就労規則は関係なく、今回の異動は健康状態を配慮して決まった事だか...

  • 上司による職場に提出する診断書の虚偽訂正

    私はメンタル要因にて長期休職を経て職場復帰を致しました。 復帰直後2週間程は、メンタル的に不安定だったものの、精神科の医師に薬を処方してもらってからは、非常にメンタル的に安定した状態で仕事ができるようになりました。しかし、非常に不運なことに、その2週間後、復帰してちょうど1ヵ月後、休暇の日に交通事故を起こし、左...

  • 『上司による職場に提出する診断書の虚偽訂正行為等』

    私はメンタル要因にて長期休職を経て職場復帰を致しました。 復帰直後2週間程は、メンタル的に不安定だったものの、精神科の医師に薬を処方してもらってからは、非常にメンタル的に安定した状態で仕事ができるようになりました。しかし、不運なことに、その2週間後、復帰してちょうど1ヵ月後のことですが、休暇の日に交通事故を起こ...

  • 休職診断書の督促について

    一度復職診断書を提出しましたが、復職させてもらえませんでした。 今月に入ってから休職診断書の督促状が届きました。7日以上会社を休む場合は休職診断書が必要という就業規則を根拠として提示してきました。 1月に復職面談を突然打ち切るとメールがあっただけで、休職担当者からも会社からも再休職命令を受けていません。 私...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

労災の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  2. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  3. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  4. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  5. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  6. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  7. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。