合意退職後に労災認定された場合、各種取り決めの有効性は?

すでに退職について合意して退職した従業員が、退職後しばらくして労災認定されました。
退職後もまだ通院、休業してします。

この場合、損害賠償請求されたら、合意退職後の療養期間の休業補償などの損害賠償は払わないといけないのでしょうか?
また、「打ち切り保証1200日」というのもまだその範疇に留まっているのでしょうか?
合意退職できた後の労災認定なので「完治後30日は解雇できない」には当てはまりませんよね?
2016年04月10日 02時47分

みんなの回答

大西 敦
大西 敦 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
> この場合、損害賠償請求されたら、合意退職後の療養期間の休業補償などの損害賠償は払わないといけないのでしょうか?

一般論としては、差額分の支払いが必要になることが多いと思いますが、労災の判断に拘束されるわけではありませんし、事案によっては過失相殺の主張が認められることもあります。

> また、「打ち切り保証1200日」というのもまだその範疇に留まっているのでしょうか?
> 合意退職できた後の労災認定なので「完治後30日は解雇できない」には当てはまりませんよね?

すでに退職されているので、これらの事項は本件とは関係ありません。

2016年04月10日 11時59分

この投稿は、2016年04月10日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,700名の弁護士から、「労働問題に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

【労災保険】過労で倒れた場合に治療費や休業損害を補償してもらえるケース

長時間労働などの過労により脳梗塞などの脳疾患や心筋梗塞などの心疾患となった場合、過労死と同じように、労災保険を利用できるケースがあります。労...

請負や業務委託でも労災の補償を受けられるケースとは

通勤中や勤務中にケガをしたり、長時間労働でうつ病を患うなど病気にかかったりしてしまった場合、会社の従業員であれば労災保険から治療費を補償して...

仕事のストレスでうつ病などになった場合に労災が利用できる条件と具体例

長時間労働やセクハラ・パワハラなど、仕事のストレスでうつ病や適応障害などの精神的な病気になった場合、労災保険によって治療費や仕事を休んだこと...

【労災保険】仕事や通勤によるケガや病気で後遺障害が残った場合の後遺障害等級認定の手続き

仕事や通勤によりケガや病気になったけれど、完治せずに症状が残ってしまった…。このような場合、後遺障害の認定を受ければ、労災保険から補償を受けら...

【労災保険】仕事や通勤によりケガや病気になった場合の手続き

通勤中や勤務中にケガをしたり、環境の悪い職場で働いて病気にかかったりしてしまった場合、労災保険から治療費や休業損害を支払ってもらうことができ...

この相談に近い法律相談

  • 仕事中のけがの賠償について

    53歳の居宅介護職です。 1月6日の入浴介護の仕事で約80kgの利用者を抱えた時に 全身に痺れが走り、後日の受診で頚椎性脊髄症と診断され 6月13日に手術をしました。 施設長には、以前からその利用者は入浴は 利用者の体重増加、自分の体力は衰えで無理と訴えていましたが 当日は、シフトを組まれており他の職員も休暇が多く 仕方...

  • 労働協約内の災害補償の一部「特別見舞金」の請求が可能でしょうか?

    勤務していた会社を2006年3月に退職しています。 退職前の2005年11月に交通事故(第三者行為)で20日間入院し退院後は通院し2007年5月に治癒となり後遺症認定が出ました。 2006年3月で退職する際に「後遺症認定の決着が付くまで退職はしない意思」を会社に告げたが「後遺症が認定されれば災害補償及び特別見舞金を支払う」事で退職勧告...

  • 労災認定後の損害賠償請求は可能なのか?

    私は、4年前に派遣会社に勤務している時に、派遣先で、労災事故に遭遇しました。骨折等ではなく、左指を挟み、リハビリが必要な状況となりました。 約2ヶ月半通院し、約3ヶ月休業しました。労働基準監督署から労災認定はされました。約3ヶ月の休業明けに退職しました。 そこで、質問です。 1.派遣元を安全配慮義務違反で、損害賠償請...

  • 労災による休業補償

    長時間労働が原因で精神疾患になり労災認定されました。 休職し労災の休業補償給付を受けていたのですが、 医師から「そろそろ大丈夫だから復職を考えるように」と言われ、 労働基準監督署からは「医師から復職可能と言われているので、それ以降の休業補償は出ない。申請すると、いつ復職可能と言われたか調べて、その日付によって...

  • 損害賠償

    労災事故後、自ら会社を退社した場合 まだ通院中、休業補償中で症状固定はされてませんが後1月と15日で事故から半年になります。 半年たっても症状が完治しなかった場合には 医師に症状固定をのぞみ、身体障害者診断書を書いて貰うつもりです。 質問 損害賠償請求で再就職の為の半年間分の給与補償をして貰うのは可能で...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

労災の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  2. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  3. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  4. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  5. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...
  6. ドイツに出向、残業100時間超で精神疾患に…現...
  7. しゃぶしゃぶ鍋事件、被害男性「熱い鍋より、...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。