弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

規則・条件の法律ガイド

「規則・条件」に関する基本的な知識の解説や、トラブルに遭った際の対処法をまとめました。

30件の記事が見つかりました 1 - 30件目

雇用契約書とは:書式や効力について

雇用契約書は、雇用契約において重要な証拠となるものです。しかし、雇用契約書がどのような形式で、何が書かれているのかはよく認識されていないのが...

労働条件通知書とは:必ず書面でもらうべき項目や書式について

労働条件通知書とは、労働条件について記載した書面のことです。入社する前に会社からこれをもらうことで、使用者と労働者の間で労働条件を明確にする...

試用期間中に退職したくなったら

試用期間中に退職することは可能ですが、試用期間中なら簡単に辞められるというわけではありません。民法上、退職の効力は申し出から2週間後に生じます...

試用期間中の解雇理由

試用期間中は、本採用よりも広い範囲で解雇が認められています。しかし、試用期間中といっても、労働契約が締結されている状態であるため、合理的な理...

一般健康診断とは

健康診断には、大きく分けて一般健康診断と特殊健康診断があります。一般健康診断とは、職種に関係なく、労働者の雇入れ時および雇入れ後は1年以内ごと...

雇い入れ時の健康診断について

事業者は、労働者を雇い入れた際に、健康診断を行うことが義務づけられています。正社員だけではなく、契約社員、パートタイマーやアルバイトであって...

特殊健康診断とは:対象者や診断項目

健康診断には、大きく分けて一般健康診断と特殊健康診断があります。特殊健康診断とは、法令で定められた業務、または特定の物質を取り扱う労働者に対...

労働基準法における連続勤務の規定。合法的な連続勤務日数の上限

労働基準法に違反しない連続勤務日数の上限は12日間です。変形労働時間制度を導入している場合は、最大で24日間まで可能となります。ただし労働者の健...

就業規則を変更できるタイミングと変更に関するルール

「常時10人以上の労働者」を使用する使用者は、就業規則の作成義務があり、所轄の労働基準監督署長へ提出しなければなりません。就業規則の変更時にも...

試用期間とは:知っておくべき法的な意味

試用期間とは、採用時には社員として適格かどうか全てについて判断するのか難しいため、一定期間を設けて、採用者のスキルや勤務態度などを確認し、本...

健康診断の実施義務とは

会社には、雇用している労働者に対して定期的に健康診断を受けさせる義務があります。正社員に対してはもちろん、契約社員、アルバイト、パートなどの...

就業規則の雛形(モデル)と、絶対的・相対的必要記載事項について

就業規則の内容には必ず記載しなければならない事項と、会社で制度を設ける場合に記載すべき事項の2種類があります。作成・変更・届出義務に関する違反...

懲戒処分とは?懲戒処分に相当する事項と有効性が認められる条件

懲戒処分は労働者の行為を原因として、使用者が与える罰則です。処分を行うためには一定の条件を守る必要があり、不当な処分は懲戒権の濫用に当たるた...

「副業禁止」と言われたら守るべきなのか

就業規則によって従業員の副業を禁止し、許可がない限り副業してはならないとしている会社が多々あります。それでは、「副業禁止」と言われたら守るべ...

副業とは何か:なぜ副業は禁止されるのか?

副業とは、本業以外の収入が発生する仕事のことで、サイドビジネス、兼業ともよばれます。会社によっては、就業規則で副業を禁止しているところもあり...

副業がバレてしまったら

多くの企業では、就業規則によって従業員の副業を禁止あるいは許可制としています。それでは、就業規則で禁止されているにも関わらず副業がバレてしま...

雇用契約書がない場合はどうすべき?労働基準法を理解しておこう

雇用契約書は労働条件通知書と違い「契約書」のため、労働契約の内容について労使間で合意がある証明となります。雇用契約書がないという理由で労働契...

試用期間を延長することができる条件とは

試用期間を無制限に延長することは、試用期間という不安定な地位を長期化させることになるので、許されません。そのため、試用期間の延長が認められる...

パート・アルバイトの雇用契約書:必ず記載する内容や書式について

アルバイトやパートも正社員と同じ「労働者」に該当し、同様の雇用契約を結びます。雇用契約書には必ず記載すべき事項が法律によって定められており、...

雇用契約書と労働条件通知書の違いとは

採用の際に会社から渡される書類には、契約書や通知書など様々なものがあります。中でも雇用契約書と労働条件通知書は、労使の合意があるか、使用者か...

「労働条件の明示義務」とは。書面で通知すべき労働条件の項目

使用者が労働者を採用する際に、労働条件をどのように示すべきなのか、また示す内容については法律で定められています。使用者から労動条件の明示がな...

懲戒処分の種類:処分の重さで異なる内容と、それぞれの意味

懲戒処分は、懲戒対象となる行為の程度により7種類に分かれます。そのうち、最も軽い処分内容であるのは戒告や譴責であり、最も重い処分内容であるのは...

試用期間中の退職も履歴書に書くべき?

試用期間中の退職も含め、すべての職歴を記載するのが履歴書のルールです。履歴書に書かれた職務経歴が事実と異なることが判明した場合には、経歴詐称...

就業規則の作成義務とは

就業規則は必ず作成すべきものではなく、作成義務がある使用者には一定の条件があります。就業規則の作成義務がある場合は、合わせて所轄の労働基準監...

就業規則を不利益変更されたら?不利益変更のルールとは

就業規則の不利益変更とは、使用者が労働者の同意なしに、労働者にとって不利益になる就業規則の内容変更をすることです。高度な必要性・合理性のある...

懲戒処分の基準の具体例とは。何をしたらどの処分に該当する?

懲戒処分は大きく分けて7種類あります。最も軽い処分内容であるのは戒告や譴責であり、最も重い処分内容であるのは懲戒解雇です。具体的にどのような行...

就業規則が会社にない場合はどうすべき?就業規則なしのリスク

就業規則には作成義務があり、一定の条件を満たす事業所は必ず作成して労働基準監督署へ届け出なければなりません。ただし作成義務の有無にかかわらず...

研修期間に給料がないのは違法なのか?

研修期間中は、通常時よりも給料が低く設定されていたり、会社によっては無給の場合もあります。研修期間中の給料設定に関して疑問がある場合、法律的...

懲戒処分の不服申し立てをしたい。懲戒処分が有効となる条件とは

懲戒処分を受けた場合に、処分は覚悟していたが思ったよりも内容が重すぎると感じたり、処分の理由自体に納得がいかなかったり、というケースが考えら...

社員旅行は業務時間に該当するのか。参加義務はある?

業務時間外にも関わらず「社員旅行は全員参加」となっている場合、参加義務はないなら参加したくない、と思う人がいるのも当然でしょう。法律的には社...

規則・条件に関する法律相談

  • 就業規則に記載がない時のアルバイトの可否

    労働規則・条件就業規則

    正社員として会社に勤務しています。アルバイトに関する相談です。部長に聞いたら、同業他社のアルバイトは、禁止で、異業種なら、OKと言われています。昨日、就業規則を見ると、アルバイト...

    1弁護士回答
  • 鬱病です。職場である医療機関で、私の個人情報を漏洩されてしまいました。訴訟可能でしょうか?

    労働規則・条件個人情報

    鬱病を患い、前職の医療機関を退職しました。 新しい職場で、現在の病状を把握するため診断書の 提出を求められ提出しました。 職場復帰可能との診断書を頂き提出しましたが、 現職の理事長...

    1弁護士回答
  • 個人情報漏洩についての質問です。

    労働規則・条件個人情報

    ご回答お願いします。 昨年末会社を退職したのですが、退職金の支払いされたかどうかを前職場の社員が人事部な問い合わせしたところ、人事部は支払いの有無を回答したみたいなのですが、個人...

    1弁護士回答
  • 交通違反の記録閲覧について

    労働規則・条件懲戒処分

    企業の人事の者です。本日、今年採用した社員が前歴1をもっていたところに50kmオーバーで免停となりました。懲戒処分と今後の指導のため、2回分の調書や略式裁判の判決文を閲覧したい...

    2弁護士回答
  • 従業員の副業に対し、賠償金をとれるのか

    労働規則・条件副業

    弊社、健康食品の製造会社を経営しています お恥ずかしい話なのですが、 以前からある従業員(営業)の行為に不信感をもっており、調べてた結果 1.会社に内緒で副業をしている(同業種で...

    1弁護士回答

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す