法人化した債務の引継ぎで役員の責任はあるのでしょうか?

公開日: 相談日:2019年05月29日
  • 1弁護士
  • 3回答
ベストアンサー

主人の会社についてです。
この度主人の会社が個人事業主から株式会社へ法人化になり
主人は役員になりました。
取締役数は3名で、代表取締役のAとその妻Bと主人です。(他従業員は3名)
相談というのは以下です。

1.取締役会議事録に債務引き受けに関する件として、金融機関、借入日、借入金額、現在残高
  と表示されており、一番下の欄にAとBと主人の名前と捺印がありました。
  もし会社が倒産などした場合、主人にも何らかの責任があるのでしょうか?

2.もし責任があるとするなら倒産する前に役員をやめる事はできないのでしょうか?

全然知識がないので心配で相談させて頂きました。
宜しくお願い致します。

804083さんの相談

回答タイムライン

  • ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    当該書面を見ないと具体的なこと,確定的なことを申すことはできません。これを大前提として,以下の回答内容を参照していただければと思います。

    法人の債務を役員個人が引き受けるという内容の書類に役員であるご主人様が署名・押印したというのであれば,当然,法人の負っていた債務をご主人様が承継する(=負う)ということになります(これとは逆に役員個人の債務を新たに設立された法人が引き受けるという書類であれば署名・押印してもさほど問題はないでしょう。)。
    債務の承継ではなく,連帯保証人として,署名・押印した可能性もありますが(これも書類を見ないと分かりません),この場合,ご主人様が連帯保証債務を負うことになります。
    法人の債務を役員個人が引き受けた場合,法人の債務について役員個人が債権者と連帯保証契約を締結した場合のいずれであっても,法人が破産した場合,役員個人はその責任を免れることはできません。法人と役員は法律上は,別人格だからです。したがって,ご主人様が債務引受けもしくは連帯保証契約の締結により,巨額の債務を負った可能性があります。
    2ですが,一度,署名・押印した以上,原則として,役員をやめても責任を免れることはできません。したがって,会社をやめればよいという問題ではありません。
    法人が破産した後,ご主人様が債務があまりに巨額で支払えないというのであれば,破産等の倒産手続を利用することも視野に入れる必要があると思います。

  • 相談者 804083さん

    タッチして回答を見る

    ご回答ありがとうございます。
    ではその取締役会議事録の署名欄に主人の名前を入れないで
    作成し直す事はできないのでしょうか?

  • タッチして回答を見る

    できますが,そのためには,債権者の同意を得ることが必要になります。
    債権者がご主人様を外して債務引受の書類を作成し直すことに応じてくれなければどうしようもありません。役員全員の署名・押印があってはじめて成立した取引でしょうから,おそらく債権者は応じないものと思われます。
    大変,悲観的な回答になってしまいますが,作成し直すことは現実問題非常に厳しいでしょう。

  • タッチして回答を見る

    補足しますと,取締役会議事録はそもそも出席取締役が署名・押印すべきものなので,取締役会議事録を修正するかどうかが大事なのではなくて,実際に交わされた債務引受書にご主人様が署名押印したのか(してなければ問題ない)が重要です。その意味でも,繰り返しになりますが,当該書面を見ないと何ともいえません。

この投稿は、2019年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました