弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

副業 : 会社員や公務員の副業はどこまで許される?

会社での飲み会の会計でトラブル

会社の打ち上げの幹事をしました。この時に6000円程度の使途不明金を出してしまいました。
飲食店への支払いには、参加者から集めた現金を使用せず、個人的に金券ショップにて購入した株主優待券・ジェフグルメカードを使用しました。また、ポイントサイトを経由しての予約だったので1000円分相当のポイントが付与されました。この金券ショップにて購入した株主優待券・ジェフグルメカードと現金の差額、ポイントサイトから付与されたポイントについて使途不明金と同様に扱われてしまっています。
以下の点についてお答えください。

・使途不明金の弁済について
・金券ショップにて購入した株主優待券・ジェフグルメカードの差額、ポイントサイトから付与されたポイントは使途不明金と同様の扱いで参加者へ返還する義務はありますか?
 使途不明金というより、あなたが頑張って安くしようとして、みんなから集金した金額と実際に支払った金額の差額をあなたが取得したということですね。
 まず、第一に、飲み会の際、このようなことをみんなが了承していたのか問題になります。
 合意をしていないので、問題になったともいます。
 参加者の合理的な意思としては、実費精算ですので、もし、あなたが、株主優待券などで、得した金額は、基本は、返すべきと思います。ただし、そのためにあなたも労力をしたからその分はとっても良いと思いますが、その適正な金額はわかりません。端数の分をもらう程度でしょうか。
 ポイントは、幹事のご苦労さんという費用と思いますので、取得してよいと思います。
 そうすると、二重に幹事の労力を請求していると思えます。

 あとは人間関係を考えて、行動をしてください。
 今後は、事前に告知して、集金をした方がよいでしょうね。

ももんがさん
2017年11月24日 19時22分

みんなの回答

近藤 公人
近藤 公人 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 滋賀県2
弁護士が同意1
ありがとう

2017年11月24日 19時56分

この投稿は、2017年11月24日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 副業禁止の会社で副業がバレた場合

    体調不良で2年休業しているのですが、その間に身内の会社で副業し月20万程の収入を得てました。 内々処理で、収入は得てないことになっているため申告していません。 在籍中の会社は副業禁止です。 休業中も年500万の給料をもらっていました。 そろそろ退職するつもりですが、退職金1000万程出る見込みです。 このような状態で...

  • 会社員の兼業・副業について

    現在、会社員(給与所得者)ですが、両親が経営している、 資産管理会社の役員に就任する事となりました。 兼業・副業につき、会社の職務規定には、禁止事項として、 「会社の許可を得ないで業を営み、また他会社等の営業に関与すること。」 と規定されております。(副業・兼業に関する規則は、この一文のみ) 今後も、会社員は続...

  • 副業して会社から。やっぱクビですか?

    入社時、副業に関して何も言われてなくて、副業をしたら解雇ですか?なにもしらなくて副業した場合はどうなりますか?やっぱクビですか?

  • 副業をするにあたって

    契約社員で給料が少ないので、副業を考えています。 副業をする場合に公的に支払わねばならないお金は、どのようなものでしょう?? 確定申告をしなければならない事は解るのですが、契約社員としてもらう給料とどのようにして分けて申告すれば良いのか解りません。 また、税金としては所得税のみなのでしょうか? これにより健康...

  • 副業について

    食品関係の卸売り会社に属しています。 主に電話、FAXなどでの受注をしてメーカーより出荷。その流れを勉強したので個人をで同じようなやり方で副業をしたいと思います。 いまは、ネット時代ですし会社の業務に関係無く帰宅時などに出来る副業(取り売り)をし。会社が気がついたとしたらやった本人を処分することは、可能ですか? 会社...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. レッスン料天引きで報酬ゼロ、事務所やめられ...
  2. 「うろちょろするな!」同僚を怒鳴り、退職に...
  3. 「殺すぞ」上司からの連続的なパワハラで自殺...
  4. 発売前のiPhoneXを従業員の娘がYoutubeに公開...
  5. ブラック企業だけど…入社3日で3人が「集団バ...
  6. 「ポイント乞食」大量購入で数十万円分ゲット...
  7. NHK受信料の合憲性、最高裁で弁論「契約の自...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。