副業した場合、解雇の対象になるか?

副業についての質問です。
現在、定職があり、衣料関係の営業職として勤務しています。
妻のパート収入と合わせて生活費、住宅ローンを支払っていたのですが、子供学費等、高齢の両親に対して
の支出等がかさみ現在の収入では、まかないきれない状況となりました。
単に収入を増やすには、FXやアフィリエイトなどよく雑誌やネットで紹介されており、副業がばれないとありましたが、正直、そちらの方面はよくわからず、素人で手を出すのはリスクがあると感じています。
その他の定職の勤務時間外の休日を利用してアルバイトとしての副業しかないと思いますが、それらは住民税等で、会社にバレるとのこと。
万が一、副業がばれてしまった場合は、解雇ということになることもあるのでしょうか。
ちなみに、副業は、現在の定職の業界とは違うのを考えており、生活費のたしにしたいと思っております。
ご教授の程、よろしくお願い致します。
2017年04月26日 09時08分

みんなの回答

高橋 淳
高橋 淳 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都9 労働問題に注力する弁護士
弁護士が同意1
ベストアンサー
ありがとう
万が一、副業がばれてしまった場合は、解雇ということになることもあるのでしょうか。
ちなみに、副業は、現在の定職の業界とは違うのを考えており、生活費のたしにしたいと思っております。

→ 業務に支障が生じる場合でない限り、解雇はできません。

2017年04月26日 09時27分

この投稿は、2017年04月26日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【弁護士Q&A】会社に黙って副業…バレたら就業規則違反で解雇される?

会社に黙って副業をしていて、発覚した場合、何らかの処分を受ける可能性はあるのでしょうか。「[みんなの法律相談](https://www.bengo4.com/bbs/)」に...

この相談に近い法律相談

  • アルバイトをしたいのですが、就業規則内の文の意味合いが分かりません

    現在、会社で正社員として働いていますが、なかなか給与が上がらず、生活費や貯金の為にアルバイトをしたいと思っています。 会社の就業規則を確認したところ 「他の会社の役員に就任し、または従業員として雇用契約を結び、 あるいは営利を目的とする業務を行わないこと」 との記載がありました。 上記の文はアルバイトであっ...

  • 転職における転職エージェントとのトラブル

    転職の際に転職エージェントより、採用企業の残業代込みの理論年収を提示されました。 営業職であるにも関わらず、残業代は日常業務でもつき、一ヶ月平均20時間×12ヶ月で年収に組み込まれた年収を提示されました。 日常業務で残業代を本当に支給されるかメールで転職エージェントに確認した際、「出ます」と断言した返信がありました...

  • 海外在住者が日本で許可の必要なサービスをワールドワイドで日本企業に提供することについて

    海外で住居を構えており、新しく事業をしようと考えています。 サービスとしては、日本企業に対してのサービスですが、企業が長期派遣している方に対する健康相談と健康管理のための産業医的なサービスです。企業の駐在場所は、世界各国対象となります。住居場所及び駐在員滞在場所に産業医の認定を受けておらず、日本のみとなります。...

  • パートの退職金

    パート用の就業規則がない場合、正社員用の就業規則が適用され、退職金を支払わなければならないのでしょうか?今までは、慣例としてパートには退職金を払っていませんでした。 また、就業規則にパートには退職金を支払わないと定められている場合でも、その就業規則が周知されていなければ、支払い義務が発生するのでしょうか?

  • 退職金見積書について。

    在職中の会社員の自己破産 退職金見積書について。 現在、銀行ローンやクレジットカードの返済に困っています。借り入れは数社からおよそ650万。 今は何とか延滞することなく支払っていますが、もうパンクしそうです。借金の原因はパチンコやパチスロです。軍資金に使ったり負けて生活費が足りなくなったりでどんどん膨らんでい...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  2. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  3. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  4. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...
  5. ドイツに出向、残業100時間超で精神疾患に…現...
  6. しゃぶしゃぶ鍋事件、被害男性「熱い鍋より、...
  7. 私学教員の部活指導など、「明確な指示」なく...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。