年次休暇・特別休暇 当日申請時おける虚偽申請の懲戒処分について

公開日: 相談日:2020年07月11日
  • 1弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

年次有給休暇及び特別休暇(夏休み)を家族の介護等のため病院に連れて行くために当日電話連絡し年次有給休暇及び夏休みを取得したいと連絡しました。

休暇取得後に職場から休暇簿時の休暇を必要とする理由と実際の理由に虚偽があると懲戒処分を検討されています。
懲戒処分指針には、虚偽申請は、戒告・減給と指針があります。

休暇時と実際の理由の差異は、主な理由は病院に行ったかどうかです。
休暇の必要とする家族の介護のための概要は変わりません。

(休暇のための連絡後に、目的の概要は変わらずに行動が変わっても虚偽となるのでしょうか。)

それでも、懲戒処分可能でしょうか。

938121さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    福岡県1位

    鐘ケ江 啓司 弁護士

    注力分野
    労働問題
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    その程度であれば、懲戒処分はできないと思います。
    弁護士に代理人についてもらった方がいいかもしれません。

    岡芹健夫『労働法実務使用者側の実践知』(有斐閣,2019年12月)118頁
    【労働者の年休の利用目的は自由であり(年休自由利用の原則),労基法の関
    知しないところであり,休暇をどのように用いるかは,使用者の干渉を許さ
    ない労働者の自由である(林野庁白石営林署事件判決〔最判昭和48.3.2民集
    27巻2号191頁〕)。実務上,散見される事態に,虚偽の目的を会社に告げて
    年休を取得する(例として,親族の葬儀に出ると称して,旅行に行くために年休
    を取得するとか), といったことがあるが, これも,通常の場合では,年休自
    由利用の原則の範晴といわざるを得ない。もっとも,使用者側の指導注意,
    場合によっては懲戒権の行使の範囲に属する余地があるというべきであろう。
    なお,利用目的の点についても,やはり,若干の紛争例およびそれに関する
    裁判例が存する(年休届出の書面に利用目的の記載欄がある場合に, これに真実
    を記載することが必要であることを説示したものとして,古河鉱業足尾製作所高
    崎工場事件判決〔東京高判昭和55.2. 18労民集31巻1号49頁〕)がある。】

  • 相談者 938121さん

    タッチして回答を見る

    回答ありがとうございます。
    休暇後、報告の際に、病院に行ったと報告してしまいました。
    虚偽報告になりますか
    虚偽申請ではないために診断書等、提出を求めらたら、提出する必要がありますか

この投稿は、2020年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから