解雇について。無断欠勤扱いになるのか。

10年以上勤めた会社で、社長より突然解雇をされました。
その場にいたのは3人で、理由は理不尽なもので罵声を浴びせる勢いでみんなクビだと言ったようで、その後そんな事は言っていない、と撤回してきています。
こちらとしては解雇を受け入れ、退職する旨の手紙を郵送し、その後解雇予告手当・退職金・必要書類の請求をしました。
そうすると「誤解であり、復職を望む。しかし顧問弁護士に相談し、このままでは無断欠勤となり、懲戒処分扱いとなる。その場合退職金は支払わない。労基にはこちらから相談済みである。」というような文書が届きました。

1、この場合、無断欠勤扱いとなるのでしょうか?
2、解雇通知書等の証拠がないのですが、複数人で証言を聞いています。不利になりますでしょうか?
3、この後どのような準備をすればよいでしょうか?

とても理不尽な会社で、お山の大将的な社長です。
以前から他職員にもクビという発言を乱用しているような社長で、泣き寝入りはしたくありません。
どうかご教示願います。
2018年04月26日 08時05分

みんなの回答

相談者
追加書き込み。
会社側からの文書には、突然の欠勤による損害賠償が生じると書かれています。
どうかどうか、ご教示願います。

2018年04月26日 22時47分

古屋 文和
古屋 文和 弁護士
ベストアンサー
ありがとう
お答えさせていただきます。

状況は承知しました。
こちらが解雇を受け入れたことで、形勢が不利になったため、解雇を撤回してきたということですね。

ここは理論的に難しいところですが、労働者が復職を望んでいれば撤回もありえますが、解雇を受け入れている場合には撤回は厳しいものと思います(私見ですが)。
解雇の撤回ができるか否かにより、無断欠勤という状況が生じるかも決まってきます。

なお、仮に解雇が撤回できたとしても、解雇を撤回するまでの間は、働きたくても働けなかったわけですから、賃金相当額を請求できる可能性があります(民法536条2項)。

このように、法的にも複雑ですので、できるだけ労働法に詳しい弁護士に相談をすることをおすすめします。

2018年04月28日 00時24分

この投稿は、2018年04月26日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

「懲戒解雇」が無効になるケースとは?不当解雇として争う方法と手順

会社におけるもっとも重いペナルティー。それが「懲戒解雇」です。退職金が支払われないことがあったり、再就職にマイナスに影響する可能性があったり...

この相談に近い法律相談

  • 解雇と退職手続き

    会社を解雇されたのですが、会社が退職手続き(離職票の発行等)をしてくれません。 私から会社に催促の連絡をしようと思っているのですが、ただ今後この解雇について不当解雇であると争っていこうと考えているので悩んでいます。 私から退職手続きを催促するということは、 1.今回の解雇について承認した事になり、不当解雇だと言えな...

  • 解雇の撤回について

    解雇された会社に解雇理由証明書を出して欲しい旨を内容証明で送ったところ、「口頭にて解雇を伝えたが、翌日以降に配置転換等の提案をしたから、解雇の撤回をしたという認識なので解雇理由証明書は出せない」というような回答がありました。 解雇の撤回など言われた覚えが無くかなり困っています。 最終の配置転換の話をしてから既...

  • 勧奨退職を認めるとどうなりますか?

    先日就業規則違反と言われ解雇されました。退職証明書を持って労働基準監督署などに相談に行きました。退職理由は「会社になじめなかったため」と書いてありました。アドバイスに従って会社に不当解雇を認めるよう間に入っている社労士に相談しました。不当解雇を撤回されても職場に戻る気はなく、ただの会社都合ではなく不当解雇である...

  • 仕事に戻ってくるよう言っていたのに自主退職したら諭旨解雇ですか?

    あることが原因で会社に行くのが怖くなり、無断欠勤しました。上司が家に来て話をした結果、「仕事辞めずに戻っておいで」と言われました。しかし、「精神的に仕事できないので退職します」と上司に伝え、自主退職しました。 すると、会社の掲示板に規約第49条に違反した為、諭旨解雇すると貼り出されてます。 会社側から退職を勧...

  • 不当解雇を争う上で、保険、離職表の手続きは不利になるか

    先日、不当解雇を受けたのですが、最終出勤日に離職表や社会保険の書面手続き、会社のものを返却するなどを行ってしまいました。(会社に社員として解雇、給与は支払わないと言われたからですが) 解雇証明書は手元にありますし、退職合意書の署名も断りました。また最終出勤日にも自らの意志での退職でないことはメールし、証拠としてあ...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  2. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  3. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  4. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  5. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  6. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  7. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。