就業規則がない状態で懲戒免職処分と退職金を不支給は可能か

会社の社員が5名以下であるため、就業規則を作っていないのですが、その中に仕事に対して非常に怠慢な社員がいます。その社員を解雇しようと考えているのですが、その際、就業規則がないため退職金を支給しないというような事はもちろんのこと記載していないのですが、退職金などを支給しないという事は可能でしょうか?解雇はあまりにも怠慢のため、懲戒免職処分にしようと考えています0
2017年02月27日 08時41分

みんなの回答

関 真悟
関 真悟 弁護士
ベストアンサー
ありがとう
1)懲戒処分をするには,就業規則に懲戒の事由と種別の定めがあることが必要です。就業規則に規定のない懲戒解雇は,争われてしまうと無効になってしまいます。

2)退職金全額を不支給とするには,当該労働者の永年の勤続の功を抹消してしまうほどの「重大な不信行為」があることが必要ですので,争われてしまうと不支給は困難なことが多いです。

2017年02月27日 09時18分

この投稿は、2017年02月27日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

懲戒解雇が無効になるケースと労働者が解雇を争う方法

業務命令違反や規律違反などを理由に会社から懲戒解雇処分を受けた場合でも、当然に解雇が有効になるわけではありません。懲戒解雇が有効になるために...

懲戒処分として減給されるケースと減給の無効を主張する方法

無断欠勤や職務怠慢など、就業規則で定められたルールに反した場合、懲戒処分として減給されることがあります。しかし、会社はどのような理由でも自由...

「懲戒解雇」が無効になるケースとは?不当解雇として争う方法と手順

会社におけるもっとも重いペナルティー。それが「懲戒解雇」です。退職金が支払われないことがあったり、再就職にマイナスに影響する可能性があったり...

【弁護士Q&A】就業規則「退職は3か月前までに申し出」従う必要ある?

「就業規則に『退職したい場合は3か月前までに申し出ること』というルールがある。少しでも早く退職したいが、ルールに従わなければならないのか」「退...

【弁護士Q&A】会社に黙って副業…バレたら就業規則違反で解雇される?

会社に黙って副業をしていて、発覚した場合、何らかの処分を受ける可能性はあるのでしょうか。「[みんなの法律相談](https://www.bengo4.com/bbs/)」に...

この相談に近い法律相談

  • 中小企業入社3ヶ月 退職勧奨による退職金交渉について

    中小企業を入社3ヶ月で業績の悪化を理由に退職を勧奨されています。 当初の説明と全く違う現状にとまどいといらだちを覚えています。 より有利な条件での退職金交渉は可能でしょうか? 中小企業に一般社員として入社して3ヶ月が経過しました。 入社時に書面による労働条件の説明がありませんでしたので、おそらく契約社員かと思わ...

  • 退職金の範囲

    契約社員として、病院に6年勤務→退職 私も契約社員で、先に辞めた契約社員の方が、就業規則にある退職金の支給日(1ヶ月)を経過しても、支給されません。 勤務先に問い合わせたら、契約社員にたいしては、「退職金はない」「就業規則にも契約社員に対しては、記載されていない」と言われたそうです。 そもそも、私や先に辞めた...

  • 就業規則変更により退職金支給について

    会社が労働者の許可を得ず、勝手に就業規則を変えて退職金が支給されない可能性があります。 今9年弱勤務しております。 入社(新卒)当時は、退職金について説明がありました。2年以上勤務すると退職金支給とのことでした。 しかし、1年後に5年以上勤務すると支給に変わりました。そして、3年後には、10年以上勤務から退...

  • 二重就業、退職後も懲戒解雇になりますか?

    前職を退職する月に有給休暇を使い休み、次の新しい会社で契約社員として働き始めました。 確定申告を依頼している会社の方に皆しているから大丈夫と言われて働きだしましたが、二重就業になるようで、雇用保険、社会保険、厚生年金で、新しい会社にわかってしまい、雇用保険は前職の方が給料が高いとのことで雇用主は前職。 社会保険...

  • 退職日までの有給消化について

    退職前の有給消化の可否についてのご相談です。 従業員数約30人程の小さな会社に1年6か月勤めております。経営者寄りの社労士が就業規則を操っていて、有給休暇は計画的付与のため、個人が自由に取得できるのは年間5日です。経営者に可愛いがられている年寄の労働者が労働組合の代表になっています。 また、有給休暇取得の申請は一...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  2. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  3. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  4. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...
  5. ドイツに出向、残業100時間超で精神疾患に…現...
  6. しゃぶしゃぶ鍋事件、被害男性「熱い鍋より、...
  7. 私学教員の部活指導など、「明確な指示」なく...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。